くらし情報『【茨城県日立市】地域のファンを増やすコミュニティ通貨サービス「まちのコイン・タッチ」を県内初導入!』

【茨城県日立市】地域のファンを増やすコミュニティ通貨サービス「まちのコイン・タッチ」を県内初導入!

ハイタッチでふれあうまちづくり

目次

・ハイタッチでふれあうまちづくり
・まちのコインとは?
・日立市のまちのコイン「タッチ」について
・まずはアプリをダウンロード!
・タッチ担当者の声
・問い合わせ
【茨城県日立市】地域のファンを増やすコミュニティ通貨サービス「まちのコイン・タッチ」を県内初導入!

つながる楽しさふれあうワクワク日立のコイン「タッチ」

茨城県日立市(市長:小川春樹)は、株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役 CEO:柳澤⼤輔)が開発した、コミュニティ通貨(電子地域通貨)サービス「まちのコイン」を、令和6年4月に県内で初めて導入しました。(北関東以北の地域では日立市が初の導入)
日立市の通貨名は「タッチ」。
「ひたち」と「ハイタッチ」の”たち”を掛けて、人のつながりやふれあいを通じて「暮らしていて楽しいまち」になるよう願いを込めています。
ゲーム感覚で楽しみながら、地域をより身近に感じることができます。


まちのコインとは?

スマートフォンアプリを使ったコミュニティ通貨

地域の清掃活動やイベントの準備など、地域のちょっとしたお手伝いやSDGsにつながる活動に参加すると、コインを「もらう」ことができ、日立市内の店舗などで、お金で買えない特別なことに「つかう」ことができます。
お金に換えることはできず、コインの有効期限は90日間と定められています。
なお、令和6年5月末現在、全国27地域・自治体で活用されています。

ゲームのように楽しめる!

コインをもらったり、あげたり。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.