くらし情報『不妊治療の保険適用、治療の当事者「うれしい」は3割』

2022年4月18日 15:00

不妊治療の保険適用、治療の当事者「うれしい」は3割

不妊治療保険適用前の実態調査公開

2022年4月1日より不妊治療への保険適用が拡大されました。妊活専門フリーマガジ「Jineko」を発行する株式会社ジネコ(本社:東京都港区)は、不妊治療当事者の方が保険適用をどのように捉えているか実態を把握するため、インターネットによるアンケート調査を実施しました。

調査概要

■調査対象:不妊治療経験者
■サンプル数:1018(女性1005男性13)
■調査地域:全国
■調査実施期間:2022年3月4日~3月31日
■調査方法:インターネット調査

治療段階によって、理解度に大きな差が

保険適用の詳細は、直前まで不明瞭な部分が多く、その内容を周知する十分な期間がありませんでした。そこで、保険適用の内容についてどこまで理解しているかを調査すると、「助成金が終了する」「すべての治療が保険適用になるわけではない」ことを理解している人は多かったものの、「先進医療は保険診療と併用できる」ことを知っている人は半数を下回るという結果でした。また、一般不妊治療の方とART治療の方で見ると、ART治療の方のほうがすべての内容についての理解度が高い傾向にあり、特に「混合診療が禁止されている」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.