くらし情報『デジタルヘルスVRのジョリーグッド、大塚製薬と業務提携!VRを活用したヘルスケア領域では最大の50億円規模』

2022年1月27日 10:00

デジタルヘルスVRのジョリーグッド、大塚製薬と業務提携!VRを活用したヘルスケア領域では最大の50億円規模

株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役CEO:上路健介、以下ジョリーグッド)と大塚製薬株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:井上眞、以下大塚製薬)は、メンタルヘルスの地域連携プラットフォームの構築を目的として、バーチャルリアリティー(以下、VR)を活用したソーシャルスキルトレーニング(以下、SST VR)事業について、国内における独占的共同開発および販売に関する契約を締結しました。本契約は、大塚製薬がジョリーグッドに対して支払う契約一時金3億円、制作開発費や販売ロイヤルティを含めると最大50億円規模となります。

精神疾患においては、薬物療法をベースにSSTが精神療法として併用されることで再発率を下げることが報告されており(*1)、没入感があるジョリーグッドのSST VRは、より患者さんが集中し、効果が高まることが期待されています。また本VR事業は、精神科専門医でジョリーグッドの上級医療統括顧問蟹江絢子医師がコンテンツ制作責任者に就任します。

デジタルヘルスVRのジョリーグッド、大塚製薬と業務提携!VRを活用したヘルスケア領域では最大の50億円規模

左から:大塚製薬代表取締役社長井上 眞/ジョリーグッド代表取締役CEO上路 健介

<概要>

このたびの契約締結では、高度なVR映像技術をもつジョリーグッドと、精神科領域に豊富な知識と経験・ネットワークをもつ大塚製薬が協力することで、さまざまな精神疾患におけるVRを用いたSSTの開発につながり、今後新たなプラットフォームを構築していきます。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.