くらし情報『【新刊】魚住陽子が遺した6つの物語『夢の家』(魚住陽子 著 駒草出版)』

2022年6月28日 10:00

【新刊】魚住陽子が遺した6つの物語『夢の家』(魚住陽子 著 駒草出版)

2021年8月に急逝した作家・魚住陽子が綴る、静謐でありながら、自らの感情に向き合う強さを感じさせる珠玉の短編集。

目次

・2021年8月に急逝した作家・魚住陽子が綴る、静謐でありながら、自らの感情に向き合う強さを感じさせる珠玉の短編集。
・魚住陽子を知っていますか?
・短編集『夢の家』
・推薦のコメント
【新刊】魚住陽子が遺した6つの物語『夢の家』(魚住陽子 著 駒草出版)


魚住陽子を知っていますか?

1951年に埼玉で生まれた魚住洋子さんは書店や出版社に勤務するかたわら同人誌に詩を発表、カルチャースクールで小説を学び、35歳の時に作家デビュー。「水の出会う場所」「菜飯屋春秋」など、その独自の世界観は多くの読者を魅了し、根強い人気を獲得します。

1989年には「奇術師の家」で第1回朝日新人文学賞を受賞し、その他芥川賞をはじめとする文学賞へも幾度となくノミネートされました。

しかし腎臓の病を患い、残念ながら2021年8月、69歳でその生涯の幕を閉じました。

短編集『夢の家』

本作は彼女が遺した作品から、6編を収録した短編集です。

画家の女性と彼女がかつて共に暮らした男性との愛憎を互いの心情描写で綴る表題作「夢の家」、家族を喪った一人暮らしの中年女性と彼女が関わる整体院を中心に、彼女を取り巻く人間模様を描く「シェード」、往復書簡というかたちでの師弟ふたりのやりとりによってそれぞれの感情や生活の変化を描く「郭公の家」、そして、作者の母校の創立記念の冊子に収録されていた、女子高生たちの日常のやりとりをいきいきと描いた「物置に蝶が来ている」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.