くらし情報『マレーシアの世界自然遺産で登山や洞窟探検を楽しもう!』

2015年5月7日 02:40

マレーシアの世界自然遺産で登山や洞窟探検を楽しもう!

マレーシアの世界自然遺産で登山や洞窟探検を楽しもう!

「壺の部分を落とし穴のようにして虫をパクリ!」食虫植物ウツボカズラ(キナバル自然公園にて)
photo:Miho Shimizu

4年間世界遺産巡りの旅をした「世界遺産イェーイ!」がお届けする連載第3弾は、マレーシアの自然遺産でございます!!

マレーシアの国土は「マレー半島南部」と「ボルネオ島の北部」で構成されております。ボルネオ島の北部には、ブルネイという小さな国も位置しています。

前回の記事では、マレー半島にあるマレーシアの文化遺産2つについてご紹介しましたが、今回は、熱帯雨林のジャングルが広がるボルネオ島にある「キナバル自然公園」と「グヌン・ムル国立公園」という2つの自然遺産についてご紹介致します! (さらに…)

グヌン・ムル国立公園
登録基準: 「自然の景観美」、「地球の歴史」、「固有の生態系」、「絶滅危惧種」

マレーシアの世界自然遺産で登山や洞窟探検を楽しもう!

洞窟探検を楽しもう! photo:マレーシア政府観光局

グヌン・ムル国立公園は、標高約2,400mのムル山を中心としたカルスト地域です。ここではドラクエさながらの洞窟探検に、キャノピー・ウォーキング(吊り橋を歩く)に、トレッキングなど大自然を体感できるんです!グヌン・ムル国立公園を観光する拠点となるムルは、コタ・キナバルから飛行機を乗り継いで(曜日によっては直行便あり)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.