くらし情報『13世紀に建立!チェンマイ最古の寺院「ワット・チェン・マン」』

2015年9月29日 01:29

13世紀に建立!チェンマイ最古の寺院「ワット・チェン・マン」

13世紀に建立!チェンマイ最古の寺院「ワット・チェン・マン」

©ASEAN-Japan Centre

ランナー王朝時代の建築様式を持つ代表的な寺院のひとつで、チェンマイ最古の寺院「ワット・チェン・マン」。1296年、メンラーイ王によるチェンマイ創都の時に建てられた寺院で、かつては王の宮殿として利用されていた。

13世紀に建立!チェンマイ最古の寺院「ワット・チェン・マン」

©ASEAN-Japan Centre

15頭の象が支える金色の仏塔が有名で、ぐるりと取り囲むその姿は間近で見ると迫力たっぷり。また荘厳な本堂には2つの珍しい仏像、大理石の仏像「プラ・シーラー・カオ」と、水晶の像「プラ・セータン・カマニイー」が納めされている。これらは大きさは小さいながら、タイの旧正月を祝う「ソンクラーン祭り」にも登場する貴重なもの。北タイ建築の典型である太いチーク材の柱、壁を彩る色鮮やかな壁画も見事だ。

ワット・チェン・マン(Wat Chiang Man)
・住所:Sri Phum Chiang Mai
・利用時間:8:00~17:00(見学は基本的に日曜日のみ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.