くらし情報『米粉やタピオカ粉を使ったベトナムの“ぷるぷる料理” 7品』

2016年3月15日 14:20

米粉やタピオカ粉を使ったベトナムの“ぷるぷる料理” 7品

目次

・1. バイン・クオン(Bánh cuốn)
・2. フォー・クオン(Phở cuốn)
・3. バイン・ウット・トム・チャイ(Bánh ướt tôm chấy)
・4. バイン・ベオ(Bánh bèo)
・5. バイン・ボッ・ロック(Bánh bột lọc)
・6. バイン・カン・クア(Bánh canh cua)
・7. バイン・ヤー・ロン(Bánh da lợn)
IMG_7402
著者撮影

日本と同じ“お米の国”であるベトナム。ベトナムでは、お米はごはんとしてだけでなく、一旦米粉にしてから麺や他の食品に加工したりして、さまざまな方法で食べられています。

そのため、米粉(またはタピオカ粉)でできたもちもち&ぷるぷるした食感の料理が多いことが特徴。そこで今回は、ベトナムの“ぷるぷる料理”を7品ご紹介したいと思います。

1. バイン・クオン(Bánh cuốn)

o0775051613381788419
著者撮影

蒸し春巻き。米粉の生地をクレープ状に広げて蒸し焼きにし、ひき肉やきくらげなどの具を包み、くるくると巻いた料理。主に中国南部で食べられている腸粉(チャンフェン)と似ていますが、こちらは生野菜(もやし、ハーブ)や厚切りのベトナムハムを添えてヌクマムベースの甘酸っぱいタレをつけて食べます。

2. フォー・クオン(Phở cuốn)

o0775051613381788420
著者撮影

フォー生地の生春巻き。裁断前のフォーの生地で甘辛く味付けした牛肉、野菜、ハーブなどを巻いた北部ハノイの名物料理。ハノイのチュックバック湖周辺にはフォークオンの専門店が集まっています。

関連記事>
ベトナムの春巻き対決!生春巻き VS 揚げ春巻き


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.