くらし情報『シンガポールで支持され続ける肉骨茶レストラン「ソンファ・バクテー」』

2016年7月10日 09:45

シンガポールで支持され続ける肉骨茶レストラン「ソンファ・バクテー」

目次

・“肉”で選ぶ、バクテーメニュー
・旅行者に人気の店舗はNew Bridge road店
song fa bak kut teh3
©TRIPPING!

シンガポールを代表するソウルフードのひとつ「肉骨茶(バクテー)」は、骨付きの豚肉をニンニクと漢方や胡椒などのスパイスで煮込んだスープ料理。

シンガポールに数あるバクテー専門店の中でも、地元の人やシンガポール好きの旅行者から支持されている名店が「Song Fa Bak Kut The(ソンファ・バクテー)」だ。

song fa bak kut teh1
©TRIPPING!

1969年に創業して以来、味やサービスに対して一切の妥協を許さない創業者Mr. Yeo Eng Songのこだわりが受け継がれ、家族で経営していた屋台は、みるみるうちに国内に6店舗を展開する人気店となった。

“肉”で選ぶ、バクテーメニュー

song fa bak kut teh3
バクテー スペアリブ・スープ   ©TRIPPING!

バクテーは全部で3種類。定番のスペアリブ・スープ(小:7S$=約525円 大:9S$=約675円)とロースカルビースープ(9S$=約675円)、プレミアムロースカルビースープ(11.5S$=約860円)がラインアップしている。漢方とスパイス香る豚骨スープは、ピリっと効いた胡椒がアクセントになっていて、病み付きになる味わい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.