くらし情報『日本は子どもを産みやすい国・育てやすい国に「近づいていない」実感ワースト1』

日本は子どもを産みやすい国・育てやすい国に「近づいていない」実感ワースト1

日本は子どもを産みやすい国・育てやすい国に「近づいていない」実感ワースト1
公益財団法人1more Baby応援団が行った「夫婦の出産意識調査2024」によると、「日本は子どもを産み育てやすい社会に近づいていない」との回答や、「2人目の壁」を感じる人の割合が過去最高を更新しました。

8割が「日本は子どもを産みにくく、育てにくい」と回答調査では既婚男女2,961人を対象に、日本は子どもを「産みやすい」「育てやすい」国に近づいているかを聞きました。
日本は子どもを産みやすい国・育てやすい国に「近づいていない」実感ワースト1
日本は子どもを産みやすい国・育てやすい国に「近づいていない」実感ワースト1
すると、産みやすい国に「近づいていると思わない」が76.8%、育てやすい国に「近づいていると思わない」が78.1%と、8割近くが「近づいていない」と感じていることが明らかになりました。

2017年からの調査結果の推移を見ると、今回の調査結果は「近づいていない」の割合がどちらも最も高くなっています。

また、子どもを産みにくい、育てにくいと感じる理由を聞いた質問には、
・「児童手当の金額が十分でないから」(56.2%)
・「育児と仕事の両立が難しいから」(53.1%)
・「児童手当など子育て支援制度が続くか不安だから」(52.4%)
という答えが上位に並びました。

子育てに対するさらなる経済的なサポート、働く環境の改善、中長期的に安心、信頼できる制度が求められていることがわかります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.