くらし情報『溶岩ホットヨガで温活&腸活!身体を芯から温めて“秋バテ”を改善』

2018年11月21日 08:00

溶岩ホットヨガで温活&腸活!身体を芯から温めて“秋バテ”を改善

溶岩ホットヨガで温活&腸活!身体を芯から温めて“秋バテ”を改善
「Lala Aasha」秋の新ヨガレッスン溶岩ホットヨガスタジオ「Lala Aasha(ララ アーシャ)」では、秋バテを解消するための”腸活ヨガ”をはじめ、新たに14種類のレッスンがスタートしました。

溶岩ホットヨガとは?溶岩ホットヨガとは、溶岩を敷き詰めたスタジオで、温めた溶岩から遠赤外線を発生させた中で行うヨガのこと。鹿児島・桜島の溶岩はミネラルやマイナスイオンを多く含み、遠赤外線効果で身体を内側から温めます。

湿度36度&湿度60%という空間でたっぷり汗をかくことで、デトックス効果が抜群。基礎代謝、新陳代謝がアップし、ダイエット効果も期待できます。

秋の不調を今のうちに改善冷たい食べ物や冷房で冷えた内臓は、免疫力の低下につながります。「だるさ」「頭痛」「食欲不振」などの症状は、夏の疲れが一気に現れた”秋バテ”である可能性も。

「Lala Aasha」ではそんな”秋バテ”を解消するための新レッスンを提供。呼吸法で芯から身体を温める「腰回り温めヨガ」や、腸のはたらきを活性化させる「快腸ヨガ」、内臓を刺激して代謝力を高める「内臓活性ヨガ」など、”温め”と”腸活”をテーマにしたレッスンを用意しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.