くらし情報『コロナ禍で女性のほうが男性より「不安疲労」を抱えていることが判明』

2021年10月18日 10:00

コロナ禍で女性のほうが男性より「不安疲労」を抱えていることが判明

コロナ禍で女性のほうが男性より「不安疲労」を抱えていることが判明
一向に終息する気配のないコロナ禍。
「慣れてしまった」という人もいるかもしれませんが、「もう限界!」という人のほうが多そうです。

暗黙の了解や行政からの指示でさまざまな事柄に制限が加えられているだけでなく、感染自体も心配。
先の見えない日常の中で、社会全体に不安や疲労感が蓄積していることが推察されます。

そんな中、パラミロン研究会が行った「不安疲労」に関する調査で、男性より女性のほうが不安疲労を感じやすいこと、特に若い女性が不安疲労を抱えがちであることが分かりました。

女性の6割が「不安疲労」を自覚不安疲労とは、“生活の変化によりストレス・不安を感じることが多くなり、疲労感を感じている状態”のこと。
長引くコロナ禍によって顕在化している精神的疲労と身体的疲労が結びついた心身の不調と言えます。
コロナ禍で女性のほうが男性より「不安疲労」を抱えていることが判明
2021年9月に20~70代の男女1,200人を対象に行ったアンケートで「不安疲労」を感じることが増えたかを聞いたところ、全体の54.5%が「不安疲労を感じることが増えた」と回答しました。
コロナ禍で女性のほうが男性より「不安疲労」を抱えていることが判明
この回答の男女比を比較すると、女性のほうが男性より「不安疲労を感じることが増えた」と答えている人の割合が高く、多くの女性が不安疲労を抱えている実態が明らかになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.