くらし情報『コロナ禍で半数以上が「不安疲労」を実感、元気を出すワードは「ありがとう」』

2021年3月22日 10:00

コロナ禍で半数以上が「不安疲労」を実感、元気を出すワードは「ありがとう」

コロナ禍で半数以上が「不安疲労」を実感、元気を出すワードは「ありがとう」
コロナ禍でこれでまでとは一変してしまった日常。今までにない不安や疲労を感じている人が多いようです。
皆さんも「最近妙に疲れる」「落ち着かない」などと感じてはいませんか。
パラミロン研究会(※パラミロン…食物繊維の一種)が関東および関西に住む20~70代の男女1,200人を対象に行った、コロナ禍における不安と疲労の実態についてのアンケート結果をご紹介します。

コロナ禍で感じている不調のトップ3は「精神的疲労」
コロナ禍で半数以上が「不安疲労」を実感、元気を出すワードは「ありがとう」
調査において、「今感じている不調はなんですか」という質問に対し、「なんとなくやる気が出ない・体を動かす気が起きない」(26.8%)、「疲労感・倦怠感」(25.4%)「ストレスを感じやすい」(25.0%)という答えが上位を占めました。
コロナ禍では、多くの人が身体的な不調よりも精神的な不調に陥っているようです。

コロナ禍で半数以上が「不安疲労」を実感、元気を出すワードは「ありがとう」
次に、どのような不安を感じているかを聞くと、「自分がウイルスに感染すること」「自分や周りの人がウイルスに感染すること」「自分が感染源になること」という、ウイルス感染に関する不安が多く挙げられました。
病床のひっ迫度や重症者割合から、関東より関西でその傾向が強いようです。

コロナ禍で半数以上が「不安疲労」を実感、元気を出すワードは「ありがとう」
“生活の変化によりストレス・不安を感じることが多くなり、疲労感を感じている状態”を「不安疲労」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.