くらし情報『イケアが2028年までにパッケージへのプラスチック使用を廃止へ』

2021年12月1日 12:00

イケアが2028年までにパッケージへのプラスチック使用を廃止へ

イケアが2028年までにパッケージへのプラスチック使用を廃止へ
サステナブルな素材への切り替えをスウェーデン発のホームファニッシングカンパニー・イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社が、同社のサステナビリティ戦略の一環として、2028年までに消費者向け包装でのプラスチックの使用を段階的に廃止すると発表しました。

同時に、既存商品の包装材に使用されているプラスチックを、再生可能な素材やリサイクル素材を使った容器包装に切り替えるための開発も進め、業界全体の課題に挑みます。

地球にポジティブな影響をイケアのサステナビリティ戦略「People & Planet Positive(ピープル・アンド・プラネット・ポジティブ)」は、地球にも人にもポジティブな影響を与えることを目指すもの。

この取り組みのもと、イケアでは2020年1月までに、ホームファニッシング製品から使い捨てプラスチック製品を全面廃止し、レストランやビストロからも単一素材プラスチック製の消耗品の提供を廃止しています。

イケアでは、現時点で1年間に使用するプラスチックの量を、包装材全体の年間使用量の10%未満に抑え、包装材に使用するプラスチックの量を大幅に削減。

消費者向け包装でのプラスチックの使用廃止は、次の大きなステップです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.