くらし情報『【まるで教習車!】“バスの運転手”だった義父は、僕の運転が気に入らない様子。ブレーキ、車線変更…とまらない説教に終始汗だく…』

2022年6月28日 07:35

【まるで教習車!】“バスの運転手”だった義父は、僕の運転が気に入らない様子。ブレーキ、車線変更…とまらない説教に終始汗だく…

【まるで教習車!】“バスの運転手”だった義父は、僕の運転が気に入らない様子。ブレーキ、車線変更…とまらない説教に終始汗だく…


みなさんは義実家の方々とは上手く付き合えているでしょうか? 大なり小なり義実家トラブルは皆さん経験があるみたいです…。 今回は実際に募集した義実家トラブルエピソードをご紹介します!

バスの運転手だった義父私の義父はすでに現役を引退しましたが、元々バスの運転手でした。そのため、義父を自分の車に乗せる場合はとにかく気を使います。ブレーキの踏むタイミングや、車線変更のタイミングなど、まるで教習車に乗っている感じで詰めてくるのです…。もちろん反論することもできず、終始汗だくで、ストレスでしかありません。もし、事故でもしようなら離婚させられそうな勢いです。
【まるで教習車!】“バスの運転手”だった義父は、僕の運転が気に入らない様子。ブレーキ、車線変更…とまらない説教に終始汗だく…
出典:lamire同乗している妻に助けを求めても、全く無視の状態でもはや敵にしか見えません。なにせ、妻も運転にはうるさく、さすがは親子…という感じなのです。唯一味方になってくれそうな義母は、微笑むばかりで、全く助けにはならず困っています。(男性/会社員)夫の応援がしたかったのに…夫が東京マラソンに出るため、東京の夫の実家に帰省したときの話です。応援のために私が出ようとすると義母に「東京は移動が大変だから一人で行かないほうがいい、親戚も応援に行くから一緒に行くよう頼んであげる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.