くらし情報『冬が待ち遠しい!11月1日(月)からいよいよ雪づくり開始!~六甲山スノーパーク12月4日(土)シーズンオープン~』

2021年10月8日 17:00

冬が待ち遠しい!11月1日(月)からいよいよ雪づくり開始!~六甲山スノーパーク12月4日(土)シーズンオープン~

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)が運営する六甲山スノーパークは、12月4日(土)に今シーズンの営業を開始します。オープンに向けて、11月1日(月)から雪づくり(造雪作業)を開始します。
当園は、未経験者からベテランのスキーヤー、スノーボーダー、更にはご家族や学校団体での利用など、幅広くウィンターレジャーを気軽に楽しんでいただける「雪のテーマパーク」です。
今シーズンも、昨年に続き造雪システム(アイスクラッシャーシステム)による豊富な造雪量を活かして、2021年12月4日(土)から2022年3月6日(日)までの計93日間にわたり、ウィンターレジャーを楽しめます。

■造雪作業について
冬が待ち遠しい!11月1日(月)からいよいよ雪づくり開始!~六甲山スノーパーク12月4日(土)シーズンオープン~

製氷機から空気圧を利用してパイプを通し、ゲレンデに出雪します。毎日1~2山、合計約240tの雪山を、オープンまでに約50山造ります。オープン前日に雪上車で平らにならし、ゲレンデを造り上げます。メインゲレンデの造雪はプレート式ICS(アイスクラッシャーシステム)方式で行います。

【期間】11月1日(月)~
【時間】24時間出雪
※造雪作業は天候等により変更・中止する場合があります
【造雪量】約7,200t(約240t/日)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.