くらし情報『ハイセンスジャパン、オリジナルプラットフォーム「VIDDA」にディズニープラスを追加、対象は2018年以降発売の下記機種』

2021年10月27日 15:00

ハイセンスジャパン、オリジナルプラットフォーム「VIDDA」にディズニープラスを追加、対象は2018年以降発売の下記機種

総合家電メーカー、ハイセンスジャパン株式会社(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役社長:李 文麗)は、様々な動画配信サービスの選択を可能にするオリジナルプラットフォーム「VIDDA」に Disney+ (ディズニープラス)を追加しました。対象は2018年以降に発売した下記機種となります。
ハイセンスジャパン、オリジナルプラットフォーム「VIDDA」にディズニープラスを追加、対象は2018年以降発売の下記機種

オリジナルプラットフォーム「VIDDA」

1. 内容
下記対象機種において、随時インターネット接続によりスマート機能にディズニープラスのVODサービスを追加します。

2. 接続とダウンロード方法
インターネットを介するソフトウェア自動ダウンロード

3. 対象機種
1)A6800 / E6000 / E6100 / E6500 / E6800 / U7E / E8000 シリーズ
・A6800シリーズ
43A6800、50A6800
・E6000シリーズ
43E6000、50E6000、55E6000、65E6000
・E6100シリーズ
55E6100、65E6100
・E6500シリーズ
43E6500、50E6500
・E6800シリーズ
43E6800、50E6800
・U7Eシリーズ
55U7E、65U7E
・E8000シリーズ
55E8000、55E8100
※ソフトウェアバージョン:T57-0001-FF-301

2)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.