くらし情報『九州大学I2CNERに「三井化学カーボンニュートラル研究センター」を設置 ~九州大学と三井化学が組織対応型連携契約を締結~』

2021年10月28日 14:00

九州大学I2CNERに「三井化学カーボンニュートラル研究センター」を設置 ~九州大学と三井化学が組織対応型連携契約を締結~

国立大学法人九州大学(所在:福岡県福岡市、総長:石橋 達朗、以下「九州大学」)と三井化学株式会社(所在:東京都港区、代表取締役社長:橋本 修、以下「三井化学」)は、カーボンニュートラルに資する最先端の環境基盤技術の開発獲得、及び当該技術領域における実用化・事業化の推進を共同で行う組織対応型連携契約を締結しました。それに伴い、九州大学のカーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(以下「I2CNER」:アイスナー)内に、三井化学カーボンニュートラル研究センター(以下、MCI-CNRC)を設置しましたのでお知らせいたします。

【概要】
1. 締結日 :2021年10月28日
2. 連携内容:三井化学カーボンニュートラル研究センターの設置、共同運営
3. MCI-CNRC:
(1)目的 (1)カーボンニュートラルに資する最先端の環境基盤技術を開発、獲得
(2)当該技術領域における実用化・事業化の推進
(2)期間 2021年11月1日から2031年3月31日
(3)所在 九州大学
カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(福岡県福岡市)
(4)MCI-CNRCにおける主な研究領域
(1)グリーン水素製造・利用
(2)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.