くらし情報『保護動物共生に特化した、障がい者グループホームを木更津市に開設 ~SDGs誰も取り残されない施設、2021年11月1日新規オープン~』

2021年11月1日 10:30

保護動物共生に特化した、障がい者グループホームを木更津市に開設 ~SDGs誰も取り残されない施設、2021年11月1日新規オープン~

「ビジネスで世界に虹をかける」をテーマに動物に関する新規事業を創出する株式会社R-Create(本社:東京都港区、代表取締役:鈴木 大輔)は、保護動物と共生しながら自立支援を目指す障がい者グループホーム『SMILE HOUSE木更津高柳』(所在地:千葉県木更津市)を、2021年11月1日に開設することをお知らせいたします。

保護動物共生に特化した、障がい者グループホームを木更津市に開設 ~SDGs誰も取り残されない施設、2021年11月1日新規オープン~

外観

昨今のペットブームでペットを飼う人が増えている反面、1年間に自治体の保健所や動物愛護センター等に引き取られる犬や猫の数は、年間およそ8万5千頭にのぼります。(令和元年度)引き取り数は年々減少傾向にあるものの、飼い主からの持ち込みが全体の約12%を占めています。このような状況の中、民間の保護施設やボランティアに頼っていては根本的な解決にはならず、ペット業界の需要と供給のバランスを考え直すしかありません。

私たちが開設する保護動物共生型障がい者グループホームは、人間と動物が「与え、与えられる」、SDGsの誰も取り残されることのない施設です。人間は保護動物と生活することによって、動物たちに“生活の場”と“いのち”を与えることができ、動物たちは人間に安らぎを与えることができます。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.