くらし情報『現代アートの芸術祭が千葉県市原市にて12月26日まで開催 『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+』』

2021年12月3日 14:30

現代アートの芸術祭が千葉県市原市にて12月26日まで開催 『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+』

11月19日(金)より、千葉県市原市にて現代アートの芸術祭「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+」を開催中。里山や閉校した学校の校舎、小湊鉄道の駅舎などを舞台として、「房総の里山から世界を覗く」をテーマに17の国と地域から約70組のアーティストが約90作品を展開しています。
12月から公開される作品や、ワークショップの開催も。毎週土日にはオフィシャルツアーも催行。養老渓谷の紅葉が見ごろを迎えているほか、小湊鉄道トロッコ列車が運行中。アートと併せてお楽しみください。

現代アートの芸術祭が千葉県市原市にて12月26日まで開催 『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+』

レオニート・チシコフ《7つの月を探す旅 「第二の駅 村上氏の最後の飛行 あるいは 月行きの列車を待ちながら」》

1. 開催期間
2021年12月26日(日)まで※月・火曜日休場

2. 開催エリア
千葉県市原市 小湊鉄道を軸とした周辺エリア
市原市内9エリア(五井、牛久、高滝、平三、里見、月崎・田淵、月出、白鳥、養老渓谷)、小湊鉄道各駅舎

3. 12月の見どころ
■ ニブロールの作品《汚れた手(映像インスタレーションバージョン)》が公開(12月4日~19日※月・火曜日を除く)
振付家の矢内原 美邦さんを中心に、映像・音楽・美術作家とともに舞台作品を発表するダンス・カンパニー ニブロールの作品《汚れた手》が公開。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.