くらし情報『愛知発、高級御影石をアップサイクルした“石の器”ブランド「INASE」 世界の星付き店から新規注文6か月待ち 売上シェア10%弱を占める急成長』

2021年12月10日 16:45

愛知発、高級御影石をアップサイクルした“石の器”ブランド「INASE」 世界の星付き店から新規注文6か月待ち 売上シェア10%弱を占める急成長

岡崎ビジネスサポートセンター・オカビズ(所在地:愛知県岡崎市、センター長:高嶋 舞)がサポートする創業94年、墓石の製造・販売を主な事業としてきた有限会社稲垣石材店(所在地:愛知県岡崎市、代表:稲垣 寿)は、2020年4月より新たに石の器ブランド「INASE(イナセ)」のテスト販売を開始。2021年7月に本格始動してから現在、すでに新規の注文が6か月待ち、事業の売上シェアの約10%弱を占めるまでに急成長しています。
主力である墓石製造から出た産業廃棄物をアップサイクルし、「最高級の石材からできた食器やインテリア用品」という新たな付加価値を見出した当ブランドは、立ち上げの準備段階から某有名グルメガイドに掲載の星付きレストランや高級旅館などの注目を集め、延べ50件を超える新販路開拓の実績につながっています。

愛知発、高級御影石をアップサイクルした“石の器”ブランド「INASE」 世界の星付き店から新規注文6か月待ち 売上シェア10%弱を占める急成長

INASEブランド立ち上げのきっかけとなった皿

■ 背景/日本3大石品生産地の岡崎。一方、石市場は15年で約半分に縮小。
・ 愛知県岡崎市は良質な花崗岩(御影石)が採掘できる日本3大石品生産地(岡崎市、香川県庵治町牟礼町、茨城県真壁町)の一つであり、優秀な石職人をたくさん抱える石製品の街。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.