くらし情報『購買データ・移動データ・検索データを活用した観光DXを支援!「自動車×フェリー」で北海道を旅する本州の観光客像を調査 』

2021年12月21日 15:30

購買データ・移動データ・検索データを活用した観光DXを支援!「自動車×フェリー」で北海道を旅する本州の観光客像を調査 

株式会社True Data(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之、以下 True Data)と、株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 啓介、以下 ナビタイム)は、True Dataの消費者ビッグデータと、ナビタイムの走行実績データ(以下 移動データ)、経路検索条件データ(以下 検索データ)を掛け合わせ、津軽海峡フェリー株式会社(本社:北海道函館市、代表取締役社長:村上 玉樹、以下 津軽海峡フェリー)のご協力のもと、本州から北海道へ自動車とフェリーを使って旅行する観光客像を調査しました。

本調査では、True Dataが提供する統計化した消費者ビッグデータ(『KURASHI360』)と、ナビタイムが提供するカーナビアプリ(『カーナビタイム』、『ドライブサポーター』)から、同意を得て取得した移動データと検索データを活用し、両社のデータを掛け合わせることで、フェリーの利用状況、フェリー利用者の顧客像、旅行ニーズを分析しています。調査期間は、2019年1月~2021年6月までです。今後、函館市のご協力のもと、本調査データを活用した観光DXの実証実験に取り組んでまいります。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.