くらし情報『四天王寺大学の学生がデザインした羽曳野市の婚姻届・出生届を令和3年12月28日から配布開始』

2021年12月27日 14:45

四天王寺大学の学生がデザインした羽曳野市の婚姻届・出生届を令和3年12月28日から配布開始

羽曳野市は、結婚、出産という人生の大きな節目を迎えられる方を祝福し、心に残る生涯の良き思い出となるような、また羽曳野市に住み続けたいと思っていただくため、従来の婚姻届・出生届に加え、オリジナルデザインの婚姻届・出生届を作成しました。

四天王寺大学の学生がデザインした羽曳野市の婚姻届・出生届を令和3年12月28日から配布開始

左から:三輪 亜梨沙さん、山入端 創 羽曳野市長、土岸 凛音さん

作成にあたり、四天王寺大学(大阪府羽曳野市、学長:岩尾 洋、以下 本学)は、羽曳野市から本学学生の若い創造力や発想力を活かしたオリジナルデザイン婚姻届・出生届の依頼を受け学内で公募。応募総数、婚姻届44作品、出生届25作品の中から、婚姻届は、経営学部経営学科企業経営専攻3年 三輪 亜梨沙(ミワ アリサ)さん、出生届は、経営学部経営学科公共経営専攻1年 土岸 凛音(ドギシ リオ)さんの作品が選ばれました。それぞれ学生の若く、自由な発想から生まれた、羽曳野市の特徴を活かしたオリジナルデザインとなっています。配布開始は、令和3年12月28日からになります

また、12月22日(水)に羽曳野市役所にて山入端 創(ヤマノハ ハジメ)市長による表彰式が執り行われました。表彰式では、山入端市長から「どちらの作品も、若い創造力や発想力を活かしたオリジナルデザインになっていて、特産物、建造物、歴史遺産など本市の魅力をアピールする素晴らしい作品でとてもうれしく思います。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.