くらし情報『世界初 廃棄される農産物から、キノコの酵素を利用して天然ヒト型セラミドを生産する技術を開発』

2022年5月17日 16:00

世界初 廃棄される農産物から、キノコの酵素を利用して天然ヒト型セラミドを生産する技術を開発

バイオテクノロジーの研究開発を行う株式会社ジェヌインR&D(本社:福岡県福岡市東区、代表取締役:宮鍋 征克、以下「当社」)は、キノコの持つ酵素反応を利用し、廃棄される農産物から天然ヒト型セラミドを生産する技術を世界で初めて開発したことをお知らせします。

世界初 廃棄される農産物から、キノコの酵素を利用して天然ヒト型セラミドを生産する技術を開発

本技術で作られた天然ヒト型セラミドを配合したサプリ(左)とフリーズドライ味噌汁(右)の試作品

当社は福岡県で排出される柚子ジュースの搾りかすと、福岡県で最も生産量の多いキノコであるシメジを利用して「柚子かすヒト型セラミド」の製造に成功しました。これは福岡県リサイクル総合研究事業化センターとの共同研究で、食品ロス削減に有効な研究であると考えます。私たちは、この研究成果を「福岡県モデル」として、国内のみならず世界に発信してまいります。

今後は事業化に向け、さらに効率の良い製造方法を検討するとともに、製造技術を応用し、各地のご当地農産物や食品加工企業とコラボレーションした商品開発も考えています。また、サーキュラーエコノミーを目指し、セラミド抽出後の残渣も有効活用できるよう研究を進めてまいります。

■研究背景
当社の研究開発の理念は、「食品加工残渣(ざんさ)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.