くらし情報『<繊維to繊維>次世代の反毛技術で、いらなくなった繊維製品から作った災害用備蓄毛布が、ふるさと納税に初登場』

<繊維to繊維>次世代の反毛技術で、いらなくなった繊維製品から作った災害用備蓄毛布が、ふるさと納税に初登場

丸竹コーポレーション株式会社(代表取締役社長:立花 克彦、本社:大阪府泉南市樽井7丁目21番13号)は、これまで難しかった反毛綿(はんもうわた)から生地へのリサイクルの実用化を可能にいたしました。
反毛綿から毛布への再生など、起毛が必要な製品への再生も可能になりました。
いらなくなった毛布・制服・繊維製品を、紡績にかけられるレベルの高品質な反毛綿(繊維原料)に加工することにより、毛布の原料として使用することができます。

【次世代の反毛技術で作った災害用備蓄毛布が泉南市のふるさと納税返礼品に選定】
リサイクル繊維で製造された毛布、商品名サスティブブランケット(ひざ掛けサイズタイプ)が泉南市のふるさと納税返礼品に選定されました。
真空パック包装で圧縮することにより、備蓄しやすいコンパクトサイズになりました。また清潔に長期保存が可能です。

<繊維to繊維>次世代の反毛技術で、いらなくなった繊維製品から作った災害用備蓄毛布が、ふるさと納税に初登場

サスティブブランケット

【サスティブブランケット(難燃)】
原材料 :【緯糸】モダクリル70% 再生反毛30%
【経糸】ポリエステル100%
サイズ :90cm(横)×70cm(縦)
重量 :400g
寄附価格:15,000円

【丸竹の新技術なら、あらゆる繊維で“反毛ワタから生地”が可能に!】
いらなくなった繊維を無数の針で引っ掻いてバラして綿(わた)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.