くらし情報『陶芸家の弟、黒田泰蔵氏に捧げるアクリル作品群 企画展「黒田征太郎『悲の器 ~水と光~』」BAG-Brillia Art Gallery-で6月22日(土)より開催』

陶芸家の弟、黒田泰蔵氏に捧げるアクリル作品群 企画展「黒田征太郎『悲の器 ~水と光~』」BAG-Brillia Art Gallery-で6月22日(土)より開催

東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 野村 均、以下「東京建物」)は、2024年6月22日(土)から6月30日(日)まで、東京建物京橋ビル1階の「BAG-Brillia Art Gallery-(バッグ ブリリア アート ギャラリー、以下「BAG」)」で企画展「黒田征太郎『悲の器 ~水と光~』」を開催します。

陶芸家の弟、黒田泰蔵氏に捧げるアクリル作品群 企画展「黒田征太郎『悲の器 ~水と光~』」BAG-Brillia Art Gallery-で6月22日(土)より開催

KeyVisual

BAGでは、「暮らしとアート」をテーマにした展覧会を企画・開催しています。
本展では、画家でイラストレーターの黒田征太郎氏のアクリル作品に加えて、征太郎氏の弟で白磁陶工の黒田泰蔵氏(1946年-2021年)の白磁作品を描いた絵を展示します。
黒田征太郎氏の画風は、自由な線と色彩で描かれた生命力が特徴です。アトリエ、街中、旅先など場所を選ばず、クレヨン、鉛筆、ペン、水彩、油彩、木彫、エッチングなどさまざまな技法を用いて描く作品は30万点以上に上ります。アクリル作品は、黒田征太郎氏が、インテリアデザイナー倉俣史朗氏のアクリル製の名作椅子「ミス・ブランチ」に触発され、「アクリルという額の中に絵を入れたい」と思い立ったものです。アクリル樹脂で自身の絵や木彫など多彩な作品を固めたオブジェの制作を2016年より始め、新境地を開きました。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.