くらし情報『書籍『スマホを手放せない子どもたち』を5/23に発売 うちの子「スマホ依存」かも!?放っておけない症状、そしてその対策とは!』

書籍『スマホを手放せない子どもたち』を5/23に発売 うちの子「スマホ依存」かも!?放っておけない症状、そしてその対策とは!

株式会社リベラル社(名古屋市中区・代表取締役社長:隅田直樹)は、『スマホを手放せない子どもたち』(中山秀紀 著/990円税込/リベラル新書)を2024年5月23日に全国の書店・オンライン書店で発売いたしました。

子どもがスマホを肌身離さず四六時中いじっている、夜中遅くまでゲームやSNSに夢中で朝起きられない……いつの間にか子どもが「スマホ依存」になっているケースが増えています。「スマホ依存」は「アルコール依存」や「ギャンブル依存」に匹敵する深刻な病気です。本書は、その実態を理解し、症状が悪化する前に適切な対応を取るためのガイドブックです。

書籍『スマホを手放せない子どもたち』を5/23に発売 うちの子「スマホ依存」かも!?放っておけない症状、そしてその対策とは!

画像1 『スマホを手放せない子どもたち』装丁

『スマホを手放せない子どもたち』
https://liberalsya.com/rs08_sumaho/

書籍『スマホを手放せない子どもたち』を5/23に発売 うちの子「スマホ依存」かも!?放っておけない症状、そしてその対策とは!

画像2 『スマホを手放せない子どもたち』POP

令和4年の調査によると、自分専用のスマホを持っている割合は、小学生高学年で約5割、中学生で約8割、高校生はほぼ100%だそうです。いまや日常生活に不可欠となったスマホですが、便利な反面、さまざまな弊害も出てきました。就寝時間の遅延による学力の低下や不登校、ゲーム等への多額の課金、視力の低下や睡眠障害、さらには不安症状やうつの発症まで、心身への深刻な影響が報告されています。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.