くらし情報『阪急交通社「富士山麓における環境保全活動」第2回「JATA SDGs アワード」地球環境部門 奨励賞 受賞』

阪急交通社「富士山麓における環境保全活動」第2回「JATA SDGs アワード」地球環境部門 奨励賞 受賞

阪急交通社(大阪市北区梅田 代表取締役社長 酒井淳)は、(一社)日本旅行業協会(JATA)が主催する第2回「JATA SDGs アワード」地球環境部門において、「富士山麓における環境保全活動」で奨励賞を受賞しました。

このアワードは、旅行業界において持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて優れた取組みを推進することを目的としています。地球環境部門においては、海洋資源、森林資源、生物多様性および気候問題における積極的な活動やイノベーションが対象となります。

阪急交通社「富士山麓における環境保全活動」第2回「JATA SDGs アワード」地球環境部門 奨励賞 受賞

当社では、2015年に「富士山麓における環境保全活動」を開始し、「認定NPO法人 富士山クラブ」と協働で年に一回、東京からバスをチャーターして富士山麓の清掃活動を実施してきました。コロナ禍の影響で2020年~2022年は活動を中断していましたが、2023年11月25日に当社従業員とその家族による活動を再開し、45リットルの袋で30袋(約180kg)のゴミを回収しました。現地では富士山クラブから「富士山が抱える問題」についてのレクチャーを受け、環境保全に対する課題意識をもって活動することができました。
2018年、2019年は従業員の活動に加えて、一般のお客様に向けて募集を行い、取組みを周知するとともに、活動に賛同いただいたお客様の協力を得ることができました。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.