くらし情報『嫁のバッグに目をつけた義母 数日後 無くなったバッグの行方にブチギレ』

嫁のバッグに目をつけた義母 数日後 無くなったバッグの行方にブチギレ

嫁のバッグに目をつけた義母数日後無くなったバッグの行方にブチギレ

皆さんは、義家族の行動に激怒したことはありますか?今回は嫁のバッグに目をつけた義母のエピソードとその感想を紹介します。(CoordiSnap編集部)イラスト:小野りひと大切な宝物ある日、義母は主人公に「あら〜、いい物持ってるわねぇ〜」と声をかけました。主人公は昔初任給で買ったブランドバッグを持っていて「私の宝物なんです〜」と伝えます。すると数日後、大切なバッグがどこを探しても見当たりません。
ショックを受けていると…
嫁のバッグに目をつけた義母 数日後 無くなったバッグの行方にブチギレ
出典:CoordiSnapバッグを無くしてしまったことにショックを受ける主人公。街中を歩いていると、リサイクルショップで義母の姿を発見して…。義母は主人公が大切にしていたバッグを売りに出そうとしていたのです。そんな義母の非常識な行動に、激怒する主人公なのでした。読者の感想宝物だと伝えた後に、勝手に売ろうとするなんてひどすぎです。思い入れのある物だっただけに、義母に対する主人公の怒りに共感しました。(40代/女性)お金が必要だったのか、主人公に嫌がらせをしたかったのかもしれませんが、どちらかの理由でもモヤモヤします…。大切な物は、義母の目の届かないところに保管するしかないですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.