クレアチンのおすすめ8選!海外製と国内製から商品を厳選

筋肉増強や瞬発力を高めるトレーニングと相性が良く、運動のパフォーマンスを上げたい人におすすめしたクレアチン。
今回はクレアチンについての基礎知識から選び方、おすすめ商品8選をご紹介します。

アスリートや無酸素運動に力を入れている方におすすめしたいサプリメントこそ、クレアチンです。

クレアチンは筋肉増強や瞬発力を高めるトレーニングと相性が良く、アスリートにも愛用されていることから、運動のパフォーマンスを高めたい方には特におすすめです。

そこでこの記事にはクレアチンの基礎知識、選び方、おすすめ商品、飲み方の注意点や飲むタイミングなどクレアチンにまつわることを網羅して記述しました。クレアチン初心者の方はもちろん、クレアチンを使用している方にも一読の価値がありますので、ぜひお読み下さい。

ママアイテム編集部

クレアチンの特徴

本記事で取り扱う「クレアチン」について、その特徴や機能など基本的な事柄を説明します。

クレアチンとは

クレアチンとは体内で合成されるタンパク質の一種で、無酸素運動の際に素早くエネルギーを作りだす物質として注目されています。


クレアチンは具体的には「アルギニン」、「グリシン」、「メチオニン」という3つのアミノ酸から合成されるタンパク質です。そのほとんどは骨格筋に存在していることも特徴です。


このクレアチンの補給は、アスリートや趣味で強度の高い運動を楽しんでいる方にも使われていますし、これから始める方にもおすすめです。なお副作用などは、適切な使い方の範囲では報告されていません。

運動パフォーマンスが上がる機能が期待できる

無酸素運動のような強度の高い運動ほど、多くのエネルギーを必要とします。そのエネルギーが枯渇すると、運動が苦しくなりパフォーマンスも落ちてしまいますよね。


しかしクレアチンを利用することで、エネルギーの変換効率が高まり、運動のパフォーマンス向上機能に期待が持てることとなります。


運動のパフォーマンス向上によって、より強度の大きな運動が可能となるため、筋肉を肥大させたり、筋肉比率の高い身体作りに貢献できるでしょう。


なお、運動の際に摂取を推奨されるBCAAもありますが、BCAAは筋肉の合成をサポートする機能があります。これに対してクレアチンは強度の高い運動を続けるという機能があります。この点がBCAAとの違いです。


さらにクレアチンは脳にも存在するため、クレアチンサプリメントを利用することで記憶能力の向上や精神的疲労の軽減といった機能があることにも着目されているそうです。

クレアチンがおすすめな人は?

クレアチンがおすすめな方は上に書いたような期待される機能から

*趣味が運動の人
*筋力トレーニングをしている人
*高強度や高負荷のトレーニング・運動をしている人
*アスリート

といった、運動やトレーニングをされている方といえるでしょう。


クレアチンは無酸素運動のような強度が高い運動で効果を発揮しますので、ウォーキングなど強度の低い有酸素運動をされている方には機能の実感が期待出来ず、あまりおすすめできません。

クレアチンのおすすめな選び方3つ

クレアチンの選び方をご紹介します。クレアチン選びは迷いがちですが、ご自身に合うものを選べるようにしっかりまとめましたので、ぜひお読み下さい。

1.特徴に合わせて自分に合うものを!クレアチンの種類をチェック

クレアチンの種類や特徴について表にまとめました。

メリットデメリット
クレアチンモノハイドレート(定番で最もおすすめ)粉状で低価格水に溶けにくい
クレアチンハイドロクロライド吸収率が高く水に溶けやすい。摂取量が少なくて良い。高値なものが多い
バッファードクレアチンカプセル状で飲みやすく、持ち運びしやすい特になし
クレアチンナイトレート水に溶けやすい特になし

クレアチンの定番は表にも書いてあるとおり「クレアチンモノハイドレート」は、コストパフォーマンスも良く、これからクレアチンを試そうという方にはこちらを選ぶことをおすすめします。


「粉状のモノは飲みにくそう……」と感じる方は、カプセル錠で飲みやすい「バッファードクレアチン」を選ぶと良いでしょう。またクレアチンモノハイドレートをカプセル状にした商品もありますので、選択肢に入れて下さい。(本記事で紹介しています)


それぞれのクレアチンタイプでメリットデメリットがありますので、比較検討して下さい。

2.内容量や価格が違う!海外製品か国内製品かをチェック

海外製品と国内製品では内容量や価格が異なります。そのため製品の原産国もチェックしたいところです。

海外製品の特徴は


*品質が高い
*種類が豊富で選びやすい
*内容量が多く価格も安め(コスパが良い)

といった点があげられます。

これに対して国内製品の場合は


*国内製ということで安心感がある
*内容量は少なめ
*価格は高め
*海外製に比べると種類が少なく選択肢が狭い


といった特長があります。


なお、海外製国内製にかかわらず、大手メーカーのほうが品質の信頼性は高いでしょう。クレアチンの大手メーカーとしては

(海外)

*オプティマムニュートリション
*ナウフーズ
*ユニバーサルニュートリション

(国内)

*バルクスポーツ
*グリコ
*ビーレジェンド
*DNS

などが挙げられます。

3.品質の高さが高評価!クレアピュア使用かをチェック

クレアピュアは多くのメーカーから高い評価を得ている、クレアチンサプリの原材料です。


このクレアピュアはドイツのデグザ社が提供しています。世界のクレアチン原材料の中では最も高純度・高品質と言われているそうです。


そのためクレアチンサプリを選ぶ際に「クレアピュアを使用しているサプリメント」を選んでおけば、品質面では間違いありません。


「迷ったらクレアピュア使用のものを選ぶ」、「品質重視であればクレアピュア一択」と言っても過言ではないでしょう。

今回の商品の比較ポイント

本記事にてクレアチン商品を紹介するにあたっては、以下を比較項目としました。製品選びの参考にされて下さい。


*内容量
*種類
*サプリ形状

今、編集部がおすすめするクレアチンはコレ!

本記事で一番おすすめするクレアチンをここでご紹介します。本商品は品質が高いクレアピュアを使用しており、海外製品のため内容量に比べると価格も安いです。

オプティマム ニュートリション「クレアチンパウダー」

*内容量 300g、600g
*種類 クレアチンモノハイドレート
*サプリ形状 パウダー

高品質&定番のパウダー状クレアチン

本商品、オプティマム ニュートリション「クレアチンパウダー」は海外の大手メーカーによって製造販売されているクレアチンで、強くおすすめできる商品です。


製造販売元のオプティマムニュートリションはホエイプロテインでは世界一のシェアを獲得するなど、世界中のアスリートやトレーナーから指示されている製品を輩出しており、クレアチンにおいてもその信頼性は抜群です!


本商品の信頼性や品質が高いことは上でもご紹介した「クレアピュア」を使用していることからも断言できるでしょう。


使用量は1回あたり5gですから、1本購入しておけば60回〜120回分のトレーニングに用いることが出来ますので、コスパ面でも優れています。


大手通販会社の口コミを見ても評価が非常に高く「確実にバルクアップしている」、「飲み始めてから筋肉の張りが段違いになった」、「意外と飲みやすい」といったものがありました。


クレアチンの機能を実感している口コミが多数見受けられましたし、何よりもバルクアップや筋肉のハリが違うといった「確かな実感」を得ている評価は本当に素晴らしいですよね。


クレアチン選びに迷ったらとりあえずこれ!とおすすめできる商品です。

海外製のおすすめクレアチンサプリ3選

続いて、海外製のクレアチンを3点ご紹介します。上にも書いたとおりですが、海外製クレアチンの特徴は「品質が高く種類が豊富」という点です。ここではそんな海外製クレアチンの中から厳選した商品をご紹介します。

1.オプティマム ニュートリション「クレアチン2500 キャップス 100カプセル」

*内容量 100カプセル
*種類 クレアチンモノハイドレート
*サプリ形状 カプセル

飲みやすさで選ぶならカプセルタイプがおすすめ!

本商品、オプティマム ニュートリション「クレアチン2500 キャップス 100カプセル」は名前の通り、カプセル状で飲みやすいことが特徴です。


クレアチンとしてはバッファードクレアチンに分類されますが、上で紹介した商品と同じくモノハイドレートクレアチンをカプセル状に仕上げています。


カプセルのため食事のあとでもサッと飲めることや持ち運びできる点が特に嬉しいです。


またオプティマムニュートリション製ですので、信頼度が高く安心して使えるでしょうし、クレアピュアを使用していますので、品質面はバッチリですね。


「オプティマムニュートリションのクレアチンを試したいけど、粉状は飲みづらい」と感じる方には強くおすすめしたい商品です。

2.Now Foods(ナウフーズ)「クレアチンモノハイドレートパウダー」

*内容量 約230g、約1kg
*種類 クレアチンモノハイドレート
*サプリ形状 パウダー

GMP認定工場で作られた超安心サプリメント

本商品、Now Foods(ナウフーズ)「クレアチンモノハイドレートパウダー」はアメリカの大手メーカーナウフーズが製造販売するクレアチンで、品質・信頼性ともに抜群です。


本商品は品質が世界一と言われるクレアピュアを使用しており、さらにGMP認定工場で製造されています。


GMPとは製造工場における原料の入庫から製造、出庫までのルールや品質基準を厳格に定めたもので、この基準を満たしている場合にGMP認定が与えられます。


そのため本商品には安全性の面でも大きな信頼を寄せることが出来るでしょう。


海外製品に興味はあるけど、安全性が心配という方におすすめできる商品です。

3.ALL AMERICAN EFX「クレアルカリン EFX」

*内容量 240カプセル
*種類 バッファードクレアチン
*サプリ形状 カプセル

飲みたい時にサッと飲める!カプセルタイプのクレアチン

本商品、ALL AMERICAN EFX「クレアルカリン EFX」は、アメリカのメーカーALL AMERICAN EFXが製造販売するクレアチンで、カプセルタイプのバッファードクレアチンです。


バッファードクレアチンは飲みやすいというメリットがあるため、上で紹介した商品と同様に、パウダータイプが苦手な方にはピッタリでしょう。


飲みたい時にサッと飲めるメリットがありますし、ピルケースなどに入れればジムやトレーニング場所への持ち運びも便利です。


また本製品はあとで説明するローディングの必要がないということですので、集中トレーニング期間や前日夜に糖類や炭水化物と一緒に摂取すると良いそうです。


この点もポイントですので、押さえておきましょう。なおこの点について、詳しくは記事の下の方で説明します。

国内製のおすすめクレアチンサプリ4選

続いて、国内産のおすすめクレアチンサプリを紹介します。海外製は不安という方は国内有名メーカーの製品を選んではいかがでしょうか。

1.バルクスポーツ「クレアチン」

*内容量 500g
*種類 モノハイドレートクレアチン
*サプリ形状 パウダー

国内製の安心感!品質管理基準に則って作られた高品質クレアチン

本商品、バルクスポーツ「クレアチン」は国内製造されたクレアチンでバルクスポーツから販売されています。


本製品の純度は99.9%以上ということで、高品質・高純度の商品をお求めの方にはぴったりな商品でしょう。


安全性については『公益財団法人日本健康・栄養食品協会』より認定を受けた工場で生産されているということですので、心配は無用だと思われます。


またクレアチンは体内に蓄積、消費されていくため、バルクスポーツによると継続した摂取が推奨されています。


インターネット上の口コミによると「いつもの負荷で2倍の回数をこなせるようになった」といったパフォーマンス向上の口コミが目立ちました。


いつものトレーニングをグレードアップさせたい方におすすめする商品です。

2.ゴールドジム「クレアチンパウダー F2100」

*内容量 500g
*種類 モノハイドレートクレアチン
*サプリ形状 パウダー

超有名ジムが提供する高品質クレアチン

本商品、「クレアチンパウダー F2100」はどなたでもご存知の「ゴールドジム」が提供する高品質クレアチンです。


本商品は100%ドイツ製のクレアチンですが、日本でも展開されているゴールドジムから提供されているため、国内製として分類しました。


その品質は本記事でご紹介しているクレアチンと同様に非常に高く、ゴールドジムのお墨付きという点で安全性・信頼性共に非常に高いでしょう。


またゴールドジムというと「高級」というイメージがありますが、初心者でも手が出しやすいクレアチンではないでしょうか。

3.ビーレジェンド「クレアチン」

*内容量 300g、1kg
*種類 モノハイドレートクレアチン
*サプリ形状 パウダー

クレアピュア100%使用!高品質クレアチン

本商品、ビーレジェンド「クレアチン」は100%クレアピュアを使用しているクレアチンで、公式サイトによるとトップアスリートからも大きな信頼を得ている商品とのことです。


100%クレアピュアということはもちろんですが、トップアスリートからも絶賛の声が寄せられています。


ボディビルダー、プロレスラー、ベンチプレス世界チャンピオンといった名だたる方々が推奨コメントを寄せており、素晴らしい実感を得ているようです。


また初心者でも使いやすいように1杯5gのスプーンも付属しています。このような細かい配慮も嬉しいですね。クレアピュアにこだわる方にもおすすめできる商品です。

4.DNS「クレアチン」

*内容量 300g
*種類 モノハイドレートクレアチン
*サプリ形状 パウダー

ダルビッシュ選手も使っている?!DNSの高品質クレアチン

本商品、DNS「クレアチン」は日本ドーピング機構の審査を経ているクレアチンで、アスリートも使用しているそうです。


本商品のメーカーDNSは主にスポーツサプリを扱うメーカーですから、クレアチンも専門メーカーらしいこだわりがあると考えて差し支えないでしょう。


またDNSはダルビッシュ選手も使っているメーカーとのことですので、製品の信頼性は抜群と言えます。


アスリートと同じものや少しでも信頼性が高い製品を使ってトレーニングしたい方は、ぜひ本商品をお選び下さい。

クレアチンサプリの正しい飲み方と注意点

続いて、クレアチンサプリの正しい飲み方や注意点をお伝えします。この点を守らないと思ったような実感が得られませんので、必ずチェックしておいて下さい。

飲むタイミングは食後やトレーニング後が最もよい

「サプリメントはいつ飲めば良いのか」


これは良く聞かれる疑問で、サプリメントの機能を最大限に発揮するためには欠かせない知識です。


クレアチンを飲むタイミングは「食後」、「トレーニング後」がもっとも良いと言われています。


特に糖類と一緒に摂ると良いと言われているため、ジュースなどと一緒に摂っても良いでしょう。またトレーニング後は筋細胞が活発化しているため、トレーニング後に摂ることもおすすめします。

粉末タイプは2タイプの飲み方がある

粉末(パウダー)タイプのクレアチンには2通りの飲み方があります。ご自身に合った飲み方を試してみて下さい。


*ビルダー飲み……クレアチンは水に溶けにくいため、粉薬のように粉末を口の中に入れて水やジュースなどで流し込むように飲む方法です。この方法が最もおすすめの飲み方で、飲み残しもありません。
*プロテインシェイカー飲み……プロテインシェーカー飲みはその名の通り、プロテインシェイカーに溶かして飲む方法です。この飲み方ではプロテインシェイカーの底にクレアチンが残ってしまうことがあります。そのため飲み残しがないように、溶け残りのクレアチンもしっかり飲みましょう。


このようにクレアチンは普通のサプリメントと違って飲み方にコツがあります。お好みの飲み方で継続して下さい。

多めの水やジュースなど糖類との同時摂取もおすすめ

クレアチンを飲むには多めの水で飲むことがポイントです。こうすることで消化器系へのダメージを防ぐことが出来ます。


また上にも書きましたが、糖類と一緒に摂ると良い(相性が良い)ため、ジュースなどと一緒に飲んでも良いでしょう。カーボドリンクなどと一緒に飲むこともおすすめです。

トレーニング日だけでなく毎日の継続が大事

クレアチンは体内に徐々に蓄積していきます。そのためトレーニング時だけ飲むのではなく、毎日継続して飲むようにしましょう。


飲む量は女性の場合3g、男性の場合は5g程度で良いとされています。筋肉量(体重)にもよりますが、この量を目安として摂取して下さい。

クレアチンの気になる副作用や注意点

クレアチンは空腹時や少量の水による摂取では、胃痛などを引き起こすことがあります。そのため上に書いたとおり、多めの水で摂取することが大切です。


またクレアチンを摂取すると喉が乾いたり、尿意が出てきやすくなります。このため水分不足になりがちですから、水分は意識して多めに摂るようにしましょう。


なおクレアチンを大量に飲み過ぎると下痢を引き起こすという説もあります。このため摂取量にも注意してください。特に初心者の方は上に書いたとおり、男性5g、女性3g程度で十分だと思われます。


なお、クレアチンの摂取後に身体の不調や変調が出た場合は医師の診察を受けましょう。

より効果を高める「ローディング法」

クレアチンの機能をより高めるために必要な「ローディング」について解説します。


ローディングが必要ないとされているクレアチンもありますが、ローディングはクレアチン摂取の基本ですから、しっかり覚えておきましょう。

クレアチンローディングのやり方

ローディングとは、クレアチンを体内に蓄積させることを意味しており、クレアチンの飲み始めにぜひ行いたいものです。


ローディングの方法は「1回5g程度、1日20g程度のクレアチンを1週間継続して」摂取します。ただしこの期間は目安で、「体重10kgあたり1日」のローディングを行えば良いとされています。


例えば、体重60kgの方であれば6日間、90kgの方であれば9日間という計算です。ご自身の体重に合わせて調整してください。


なおローディングを急ぐあまりに大量に摂取することは良くありません。上に書いたとおり下痢などを引き起こす可能性があるため、多くても1回5g1日20g程度にとどめてください。

ローディング後はメンテナンスと休止期間を

ローディングを終えたら、メンテナンスと休止を行います。なお、休止期間は必ずしも必要というわけではありません。


メンテナンスとは体内で消費されていくクレアチンを補充することです。消費されるクレアチンは1日2gと言われているので、毎日2〜5g程度のクレアチンをメンテナンスとして補給しましょう。

休止期間とは2〜3ヶ月のメンテナンス後に、クレアチンの摂取を一時的に休むことです。こうすることでクレアチンの機能がより発揮されるという考え方に基づいたものですが、科学的根拠には乏しいそうです。


そのため休止期間は無理にとる必要はないと思われます。

クレアチンサプリを購入時の気になる疑問・質問

クレアチンサプリを選ぶ際や購入前に気になる疑問にお答えします。ほとんどの方が抱く疑問ですので、ぜひご覧下さい。

Q1:クレアチンはプロテインやBCAAと組み合わせてもいいの?

組み合わせて大丈夫です。


クレアチンとプロテインやBCAAを組み合わせて飲むことはOKですが、飲み方にコツがあります。


BCAAを合わせる場合は「BCAA→クレアチン」という順序で飲むと良いでしょう。その理由はBCAAの速い吸収スピードというメリットを生かすためです。


なおトレーニング後にBCAAをすぐに摂取して、5〜10分ほど空けてからクレアチンを摂取すると良いそうです。


また糖類が含まれているプロテインと合わせる場合、「プロテイン→クレアチン」という順序で飲むことをおすすめします。


プロテインに含まれている糖類がインスリンを分泌してクレアチンを筋肉に運ぶため、糖類を含んだクレアチンを先に摂取するほうがベターです。


なお糖類を含んでいないプロテインであれば、クレアチンと同時に摂取してかまいません。

まとめ

本記事ではクレアチンについて、基本知識であるクレアチンの特徴やクレアチンサプリの選び方、正しい飲み方や注意点、そしておすすめ商品を8点ご紹介しました。


無酸素運動に力を入れている方、瞬発力が欲しい方にとってクレアチンは欠かせないものです。


クレアチン摂取の有無が一瞬のスピードの差、勝敗をわけることもあるでしょう。競技に参加する方は特に積極的にクレアチンサプリを摂取して欲しいと思います。


クレアチンは一般のサプリメントと異なり、ローディングや飲むタイミングなど機能を最大限発揮するためのコツがあります。これらの点を押さえて、効率的なトレーニングに励んで頂ければ幸いです。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします