世田谷区×WE♡赤ちゃんプロジェクト

「世田谷区×WE♡赤ちゃんプロジェクト」とは?

エッセイスト紫原明子さんの呼びかけにより、ウーマンエキサイトが2016年5月5日に発足した「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」。その世田谷版となる「世田谷区×WEラブ赤ちゃんプロジェクト」が2019年6月からはじまりました。

ときに悩ましい赤ちゃんの泣き声。何をしても泣きやまない、泣き声が迷惑をかけているのではないか、そんな悩みを多くのママやパパたちが抱えています。

赤ちゃんが泣いてしまうのは自然なこと。世田谷区では、泣いている赤ちゃんや、泣きやませなければと追い詰められがちなママやパパたちをもっと温かく見守りあえる地域にしていけるよう、さまざまな取り組みをおこなっています。

世田谷区×WE♡赤ちゃんプロジェクト

世田谷版ネウボラで子育てを応援!

世田谷版ネウボラ」とは、区・医療機関・地域の方が連携した妊娠期から就学前までの切れ目のない支援のことです。妊娠・出産・育児を地域とともに支えていきます。

世田谷版オリジナルステッカー&キーホルダー配布場所

世田谷区内の総合支所・まちづくりセンターをはじめとする区の関係施設で「泣いてもいいよ!」世田谷版オリジナルステッカーを配布しています。身近なものに貼って、ママやパパたちにエールを送りましょう!
キーホルダーについては総合支所等での配布となります。

世田谷版オリジナルステッカー

みんなのWE♡なアイデア大募集!

本プロジェクトを広めるための「こんなPRはどうか」「こんなことが実現したらいいな」といったアイデアを大募集。あなたのアイデアが形になるかも!

  • 電車やバス、世田谷区の乗り物にはいつも「泣いてもいいよ!」の赤ちゃんマークがあったら街の景色も変わりそう!

    (30代/女性)

  • 東急電鉄、小田急電鉄、京王電鉄に協賛してもらい、WEラブ赤ちゃんプロジェクトのラッピング電車を走らせてもらう!

    (40代/女性)

  • 泣いてもいいよキーホルダー欲しいです!

    (10代/女性)

  • 近頃は、おとなしく、泣かない赤ちゃんが、増えましたね。その分、パパママの周囲への気づかいや、負担が増幅しないことを願います。パパママに、肩の荷を下ろして、時には泣いていいよ!と、声を掛けてあげたいですね

    (50代/女性)

  • ママチャリのカゴにつけられる大きめのアイテムがあったら付けて走りたい。

    (50代/女性)

  • *あなたは世田谷区在住、在勤、在学ですか?

     
  • *あなたの性別を教えてください

      
  • *あなたの年齢を教えてください

           
  • *あなたのWE♡なアイデアを教えてください

※ご投稿いただいたアイデアは世田谷区で確認のうえ、その一部を本ページでご紹介しています。

みんなのWE♡な寄附やご協力も大募集!

ステッカーの配布等のPRや、活動の支えとなる寄附(ふるさと納税)に協力していただける個人、企業や団体を募っています。

その他のお問合せ先

[ 世田谷区 子ども・若者部 子ども家庭課 ]

TEL : 03-5432-2569 FAX : 03-5432-3081

みんなのWE♡な気持ち

世田谷区に寄せられた、みんなの「WEラブ赤ちゃん ー泣いてもいいよ!ー」なコメントの一部を紹介します。

みんなのWE♡な気持ち

「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」とは?

エッセイストの紫原明子さんの呼びかけにより、ママのための情報メディア「ウーマンエキサイト」から2016年に発足。「泣いてもいいよ」ステッカーの配布をはじめ、赤ちゃんの泣き声を温かく見守っている人たちの気持ちを可視化する、様々な活動をおこなっています。


Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.