2015年10月11日 23:00|ウーマンエキサイト

ランチに豚肉を食べると幸せになれる? 幸せを引き寄せる「7つの習慣」

わたしたちは“幸せ”に対して強い憧れをもっています。ですが「幸せにならなければ!」と肩に力がはいってしまい、身動きができなくなってしまうときもありますよね。そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

目次

・毎日のランチで幸せを引き寄せる!
・美しく、幸せになるために知っておきたいこと
・習慣1:規則正しい生活を心掛け、朝の光を浴びる
・習慣2:深呼吸をする
・習慣3:一定のリズムを刻む運動をする
・習慣4:感動の涙を流す
・習慣5:睡眠をとる
・習慣6:付き合いの長い人とハグをする
・習慣7:トリプトファンやビタミンB6の豊富な食材をとる
ランチに豚肉を食べると幸せになれる? 幸せを引き寄せる「7つの習慣」

(c)doble.d - Fotolia.com



頭で考えるのではなく、日々の食事から幸せになってみてはいかがでしょう。

今回は、“幸せの源”が入っている食材をご紹介しながら、“美しさ”と“幸せ”をテーマにお伝えしていきます。

■毎日のランチで幸せを引き寄せる!

ランチ時間には、何を基準に食べるものを選びますか?

「幸せになりたいから、今日はポークソテー!」そんなチョイスをしてみてください。

豚肉は、“幸せホルモン”と呼ばれる“セロトニン”を生成する食材として有名です。なぜかというと、豚肉には、セロトニンの原材料となるトリプトファンが多く含まれているから。

率先して食べることで、自然とセロトニンの分泌を促し、気持ちを落ち着かせたり、仕事やプライベートにも積極的に取り組めるようになります。毎日の何気のない選択に、“知識”というスパイスが加わるだけで、あなたを幸せへと導きます。

豚肉のほかに、下記の食材にもセロトニンが多く含まれています。

  • バナナやみかんのとくに白いスジ
  • プロセスチーズ
  • 牛乳
  • 豆乳
  • ひまわりの種
  • アーモンド
  • すじこ
  • たらこ
  • 赤身魚
などなど。ぜひ参考になさってくださいね。

■美しく、幸せになるために知っておきたいこと

女性の心とカラダは繋がっています。幸せとは、美しく健康でいることも重要なポイント。そこで、セロトニンと関係の深い、女性ホルモンについてもお話ししましょう。

ツヤのある髪、透き通った肌、丸みある女性らしいボディライン…。「コレぞ、女性!」と思える女らしい部分をすべて作り上げているのが、“美のホルモン”といわれる女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」。

一方、さきほどもお伝えしたとおり、人間の精神面に大きな影響を与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与していることから、通称“幸せホルモン”と呼ばれているのが「セロトニン」。

じつは「エストロゲン」と「セロトニン」は密接な関係にあり、お互いを支え合っています。このふたつのバランスが整ってこそ、美しさと幸せを手に入れることができるのです。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.