髪を守るつもりが逆効果!?  トリートメントの間違った使い方

2015年10月31日 11:00
 

かとうともみ ライター
かとうともみ

健康で美しい髪を作るために行うトリートメント。でも、やり方を間違えると、毛穴詰まりをおこして逆に髪と頭皮にダメージを与えてしまうことに。

目次

・トリートメントをつける順番に注意
・トリートメント前にはタオルドライを
・頭皮までベッタリ&すすぎ残しはNG
・長時間の放置は逆効果
艶やかな髪の毛の女性

(c) one - Fotolia.com



せっかくヘアケアをするなら、しっかり効果を引き出したいもの。普段何気なくやってしまいがちなトリートメントの間違った使い方をチェックしておきましょう。

■トリートメントをつける順番に注意

ほとんどの場合、トリートメントを使うのはお風呂で髪を洗うとき。髪の内部に成分を浸透させ、ダメージを補修してくれるトリートメントですが、ただつければいいというわけではありません。

つける順番を間違えると、有効成分をきちんと働かせることができないので注意が必要です。

トリートメントの基本的な使い方は、シャンプーの後。リンスやコンディショナーを併用する場合は、トリートメントの後に使いましょう。

リンスは、髪をコーティングして外部からの刺激を受けにくくしたり、髪のすべりを良くしたりするものです。表面がコーティングされた状態で髪にトリートメントをつけても、成分を内部まで浸透させることができないのです。

また、毛先などとくにダメージが気になる部分は、シャンプー前に軽くトリートメントをつけるのもおすすめです。髪に水分を含んでいない分、トリートメントの浸透力が高まり、痛んだ部分を集中的に修復してくれるといわれています。

■トリートメント前にはタオルドライを

シャンプーの後、髪がびしょ濡れ状態のままトリートメントをつけていませんか? 

髪がびしょびしょに濡れたままでは、トリートメントをつけても薄まってしまい、有効成分の効果も弱くなってしまいます。

シャンプーをしたら、トリートメントをつける前に一度タオルドライを。髪の水分をきちんと拭き取ってからトリートメントをつけるようにしてください。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.