2015年12月12日 07:00|ウーマンエキサイト

着目すべきは“粘膜力”! フレッシュな膣を保つための方法

日本では、どうしても“人には言えないこと”と認識されているデリケートゾーンの話題。情報はたくさんあふれているけれど、人と比べたり話しあったりする機会もないため、自分の体ときちんと向きあう機会もほとんどありません。

目次

・フレッシュな膣とはなにか
・健康的な膣の状態とおりものチェック
・デリケートゾーン専用コスメ


窓辺でくつろぐ女性

© NinaMalyna - Fotolia.com



ところがフランスでは、最も信頼のおける親から性教育を学ぶ文化があります。膣ケアや生理、将来のセックスが、のちの体の健康や幸せな出産につながることを知っているからではないでしょうか。

また、フランスの母親は娘が初潮を迎えると、自らの指でデリケートゾーンの粘膜のチェックをさせることもあるとか。自分の体は自分で管理していくことの大切さを、身をもって体験させているのかもしれませんね。

今回は、デリケートゾーンケアとチェック方法をお伝えします。

■フレッシュな膣とはなにか

フレッシュな膣とはいったいどういうことでしょうか。まずは、きちんとぬれること。膣の粘膜は、鼻や口の粘膜と同じように体に侵入してくるウイルスなどの異物をブロックし、病気になるのを防いでくれるそうです。

“粘膜=免疫力”ですから、ぬれるということは免疫があるということです。なので、乾燥はNGです。化学繊維でできたおりものシートなどは、水分をうばってしまうこともあるので、自分の肌にあうものを使いましょう。
戸田さと美
戸田さと美の更新通知を受けよう!
確認中
戸田さと美
戸田さと美の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
戸田さと美
戸田さと美の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
戸田さと美
戸田さと美をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
戸田さと美
戸田さと美の更新通知が届きます!
フォロー中
戸田さと美
戸田さと美の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.