2016年4月5日 21:00|ウーマンエキサイト

カラーやパーマを長持ちさせる 1週間の自宅ケア

木村ゆう
ライター
木村ゆう
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
美容院でカラーをしたりパーマをかけたり、イメージを変えるのはとても楽しいもの。キレイな状態を長持ちさせる「1週間の自宅ケア」ご紹介しましょう。

目次

・当日のシャンプーは「持ち」にはあまり関係ない?
・1週間の自宅ケアがポイント


カラーやパーマを長持ちさせる 1週間の自宅ケア

©ryanking999 - Fotolia.com


■当日のシャンプーは「持ち」にはあまり関係ない?

美容室から帰るとき、「カラーの持ちが悪くなるので今日はシャンプーを控えてください」と言われた経験がある人も多いのでは。

実は、ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正は薬剤で化学反応を起こして、髪の中に染料を入れたり形を作ったりしています。この化学反応は髪の中で1週間程度続きますが、そのときにもともと弱酸性の髪はアルカリ性に傾いてしまっているそう。

アルカリ性に傾いた髪は通常と比べて非常に弱く、お湯やシャンプーで洗っただけで髪の中に入れた薬剤が抜けたり、タンパク質など髪にとって大切な栄養が流れてしまいます。そのため「なるべく当日はシャンプーを控えて」と言われるようですね。

ただし、本当に落ちないようにしたいと思うのであれば、当日どころか1週間程度はシャンプーをしない方がいいとか…。そうなると汚れがたまり、結局髪には良くないように感じます。

なお、現在はヘアカラー等で使う薬剤の質が高くなっていたり、施術後になるべく薬剤が残留しないように施術することが多いため、当日や翌日のシャンプーについての判断は美容師によって違ってくるようです。
木村ゆう
木村ゆうの更新通知を受けよう!
確認中
木村ゆう
木村ゆうの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
木村ゆう
木村ゆうの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
木村ゆう
木村ゆうをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
木村ゆう
木村ゆうの更新通知が届きます!
フォロー中
木村ゆう
木村ゆうの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.