2016年6月25日 20:00|ウーマンエキサイト

そのスキンケア逆効果かも! 汗ばむ季節のインナードライ対策

宮本燈
ライター
宮本燈
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
いつも肌がベタベタする、鼻や額のテカテカ感が気になるという人は、オイリー肌だと思い込んでいませんか。そしていつも脂取り紙でふきとったり、オイリー肌用のスキンケアをしているのではないでしょうか。

そんなあなたは、「インナードライ肌」かもしれません。

目次

・インナードライ肌の特徴
・皮脂の落とし過ぎがインナードライの原因に
・汗ばむ季節のインナードライ対策


そのスキンケア逆効果かも! 汗ばむ季節のインナードライ対策

© Maridav - Fotolia.com



良かれと思っていたケア方法が、どんどん皮脂の分泌を増やし、インナードライ肌へと導いてしまうのです。今回は、このインナードライ肌の特徴、そして汗ばむ夏場の対処法について紹介します。

■インナードライ肌の特徴

「インナードライ肌」とは、表面は皮脂分泌が多くベタベタ感やテカテカした見た目なのに、お肌の内部は水分が不足して乾燥している状態の肌のことを指します。

一般的には、

・ドライ肌=皮脂分泌が少なく乾燥している、カサカサ感がある、粉をふいたようになる
・オイリー肌=皮脂分泌が多くベタベタ感がある、テカリの印象

などの特徴があります。

インナードライ肌は、どちらの特徴も持っているのです。肌の内部は乾燥肌なのに、表面はオイリー肌のような印象なので、一見するとオイリー肌だと思われるかもしれません。

でも実際には、肌の内部の水分は常に不足した状態にあるのです。

■皮脂の落とし過ぎがインナードライの原因に

自分はオイリー肌だと思い込んで頻繁に洗顔をしたり、脂取り紙で皮脂を拭き取る…、この行動こそが、まさにインナードライの原因となります。

そもそも皮脂には、肌の表面を覆い肌内部の水分の蒸発を防ぐ役目があります。そのため、洗顔や脂拭き取り紙で皮脂を落としすぎてしまうと、肌内部の水分はどんどん蒸発し、蓄えることができないのです。
宮本燈
宮本燈の更新通知を受けよう!
確認中
宮本燈
宮本燈の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
宮本燈
宮本燈の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
宮本燈
宮本燈をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
宮本燈
宮本燈の更新通知が届きます!
フォロー中
宮本燈
宮本燈の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.