2016年10月3日 21:00|ウーマンエキサイト

今日からはじめよう!  これが「正しい水の飲み方」

丸部りぃ
ライター
丸部りぃ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
大人の体の約6割は、水分でできています。しかし、加齢とともに少なくなる傾向にあり、高齢になると約5割にまで落ちてしまうそう。

目次

・1日にどのくらい水を飲めばいいの?
・水分不足が招くトラブル
・効果的な水の飲み方
今日からはじめよう!  これが「正しい水の飲み方」

© Tatyana Gladskih - Fotolia.com


体内がかわくとどうなってしまうのか、水分量をキープするにはどうすればいいのか。考えていきましょう。

■1日にどのくらい水を飲めばいいの?

私たちは飲料水だけでなく、食べものや呼吸などによっても水分を補給しています。

厚生労働省のポスター「健康のため水を飲もう講座」によれば、60kgの成人男性の場合、1日の水分摂取量は2.5L(食事1.0L、体内で作られる水0.3L、飲み水1.2L)、1日の水分排出量も2.5L(尿・便1.6L、呼吸や汗0.9L)とのこと。

これをもとにすれば、毎日、水を1.0~1.5Lは飲んだほうがいいといえるでしょう。女性は男性とくらべて脂肪量が多いため、水分量も少なめといわれていますが、成人の1日あたりの排尿量は1~1.5Lといわれており、上記の数字は目安にはなると思います。

ただし、尿や汗の量は、摂取した食べものや気温によっても異なるもの。いっぱい汗をかいた日は多く補給したほうがいいですし、スープなどで食事から水分をたくさんとった日は、水を飲む量を調整してもいいと思います。

自分の体にどのくらい水分があるのか調べるには、体組成計が便利。体内の水分率をはかるもので、いわゆる「H2O」としての水だけではなく、細胞内液や細胞外液、血しょう、血液などを総合して計測するのが一般的です。

加齢とともに水分量が減ってしまうのは、老化によって細胞内の水分が少なくなるからといわれています。細胞のアンチエイジングのためにも、意識的に水を飲みたいですね。
丸部りぃ
丸部りぃの更新通知を受けよう!
確認中
丸部りぃ
丸部りぃの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
丸部りぃ
丸部りぃの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
丸部りぃ
丸部りぃをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
丸部りぃ
丸部りぃの更新通知が届きます!
フォロー中
丸部りぃ
丸部りぃの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.