ビューティ情報『映画『グレムリン』ギズモの熊野筆メイクブラシ「グレムリン クマノフデ」丸みのある“毛玉“をイメージ』

2019年11月28日 16:20

映画『グレムリン』ギズモの熊野筆メイクブラシ「グレムリン クマノフデ」丸みのある“毛玉“をイメージ

映画『グレムリン』ギズモの熊野筆メイクブラシ「グレムリン クマノフデ」丸みのある“毛玉“をイメージ

映画『グレムリン』のギズモ(モグワイ)をイメージした熊野化粧筆「グレムリン クマノフデ」が、2019年12月9日(月)より東京・東急ハンズ渋谷スクランブルスクエア店にて発売される。

熊野筆のメイクブラシが「ギズモ」モチーフに
これまでリラックマやミッフィーをイメージしたメイクブラシを展開してきた、熊野化粧筆。今回は、スティーブン・スビルバーグ制作総指揮のアメリカ映画『グレムリン』をモチーフに選択し、可愛くていたずら好き、不思議な生き物ギズモ(モグワイ)をイメージしたメイクブラシを提案する。

丸みのある“毛玉“をイメージ
作品に登場する「ギズモの背中から飛び出した毛玉」をイメージしたフェイスブラシは、茶と白2色の毛束を広島県熊野町の職人が、ひとつひとつ心を込めて丁寧に整えていくことで、毛玉のような丸みのあるシルエットを表現。

「ギズモが入っていた木箱」イメージの桐箱
桜の木を使用した軸には、眠るギズモの線画を刻み、作品に登場する「ギズモが入っていた木箱」をイメージした桐箱に入れて販売する。

毛先を切らずに揃える伝統の書筆の製法を受け継ぐ熊野の職人が、丁寧な手仕事によって仕上げた「グレムリン クマノフデ」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.