ビューティ情報『高血圧でも入れる!39度で15分が要介護リスク減の入浴法』

2019年1月7日 06:00

高血圧でも入れる!39度で15分が要介護リスク減の入浴法

高血圧でも入れる!39度で15分が要介護リスク減の入浴法


《1週間に7回以上湯船につかって入浴する高齢者は、週2回以下の人に比べて、要介護認定リスクが約3割減少する――》

これは先日、千葉大学の研究チームが発表したデータ。研究では、要介護認定を受けていない65歳以上の男女1万3,786人を3年間にわたって追跡調査した。研究チームの一員で東京都市大学教授の早坂信哉先生は次のように話す。

「湯船につかると、温熱効果のほか、水圧によって全身がマッサージされたような静水圧作用と、水の中で重力が軽くなる浮力作用が得られます。このほかにも入浴にはさまざまな作用があるので、この結果はある程度想定されていましたが、初めて臨床で証明されたことになりました。日本人は長時間労働、高い喫煙率といった傾向があるにもかかわらず長寿であることは世界的にも不思議だと捉えられてきました。この調査結果から、要因の一つとして、入浴の習慣が関係していると考えることができます」

早坂先生は高齢者にお風呂の温熱効果がもたらすメリットとして、(1)血流の改善、(2)痛みの軽減、(3)柔軟性のアップを挙げる。

「老化現象の主な原因は血流不足にあります。お風呂で体が温まると、血管が拡張し、末端にまで血液が流れるようになるため、体の隅々まで血流が改善されます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.