ビューティ情報『脳神経外科医が「呼吸法」を指南“顔の激痛”和らげるケア法』

2019年11月21日 11:00

脳神経外科医が「呼吸法」を指南“顔の激痛”和らげるケア法

脳神経外科医が「呼吸法」を指南“顔の激痛”和らげるケア法


顔を殴られたような激痛が走るこの病気。じつは、女性の罹患者数は男性の2倍といわれている。「三叉神経痛」への対処法を知っておかないと原因不明の激痛に悩み続けることーー。

「口の周りや歯、歯茎に激しい痛みを感じることはありませんか?市販の鎮痛剤を飲んでもおさまらず、原因不明のまま“抜歯してしまおうかな”と考えている人は、ちょっと待ってください!原因は歯ではなく、『三叉神経』にあるかもしれません」

そう語るのは、これまで40万人の体の不調を診てきた、くどうちあき脳神経外科クリニック院長の工藤千秋先生だ。

「三叉神経は、脳の真ん中の脳幹から出ている大きな神経で、熱さや冷たさなど、顔で感じた感覚を脳に伝える役割を果たしています。三叉神経に異常が起こり、顔の一部を突発的な激痛が襲うのが『三叉神経痛』です。座骨神経痛のような『神経障害性疼痛』の一種で、原因としては神経の老化があげられます」

痛みを起こす原因のもうひとつは、“血管の硬化”ではないかと工藤先生は指摘する。

「加齢とともに、血管は硬くなり、大きく曲がってうねりはじめます。動脈がドクンドクンと脈打つたびに三叉神経に触れることにより、ハンマーでたたかれたような激しい痛みを引き起こすのです」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.