ビューティ情報『焦ったとき、スマホの見過ぎに「ポジティブため息」で負担軽減』

2019年12月11日 11:00

焦ったとき、スマホの見過ぎに「ポジティブため息」で負担軽減

焦ったとき、スマホの見過ぎに「ポジティブため息」で負担軽減


悩み事の最中、あるいは忙しい仕事の合間に、無意識についてしまうため息。「ため息をつくと幸せが逃げる」とも言われ、周りから見てもあまり気持ちのよいものではないが……。

「ため息にはストレスを和らげる効果があります。疲れていたり、思い悩んでいるときほど無意識に出てしまうのは、体がストレスに反応している証拠。おならやゲップと同じで、我慢するとかえって体によくありません」

そう話すのは、呼吸法の講師として、国内だけでなく海外でも活躍する倉橋達哉さん。新刊『仕事に効く!ポジティブため息』(山と渓谷社)では、ネガティブなイメージのため息を、ポジティブに生かすための方法を紹介している。

「ため息をつくとき、下を向いて浅く息を吐いていませんか?現代では、ため息に限らず、ふだんの呼吸そのものが浅くなっている人が非常に多く見受けられます。呼吸が浅いと、肺に送り込まれる酸素の量が少なくなるので、体は酸素を取り込もうとして心臓を動かし、脈拍が速くなります。脳はこれを危機的状況だと受け取り、身を守るために興奮状態になるのです。これが心に焦りを生み出す原因。ですから、緊張して鼓動が速くなると、人は深呼吸をして心を落ち着かせようとするんです」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.