ビューティ情報『熱中症対策で“水がぶ飲み”に罠…「水中毒」を医師が警鐘』

2020年8月27日 06:00

熱中症対策で“水がぶ飲み”に罠…「水中毒」を医師が警鐘

熱中症対策で“水がぶ飲み”に罠…「水中毒」を医師が警鐘


とにかく喉が渇く猛暑下ーー。しかし、発汗によって体からは水分だけでなく塩分も排出されているのです。塩分のない飲み物ばかり飲んでいると、熱中症対策の“落とし穴”に……。

「熱中症対策だからといって、一度に水をがぶがぶ飲みすぎてしまうと、“水中毒”となってしまう恐れがあります。この水中毒は『低ナトリウム血症』といって、死亡例も報告されている症状なんです」

こう話すのは、日本慢性期医療協会認定の総合診療医で、高知総合リハビリテーション病院院長の小川恭弘さんだ。8月ももう下旬だが、猛暑はおさまる気配がない。10~16日の1週間で、熱中症によって救急搬送された人は全国で1万2,804人。これは、前週の2倍近い数字だ(総務省消防庁発表)。

東京都監察医務院によれば、東京23区内では、1~17日に103人が熱中症で死亡しており、いずれも50代以上。東京消防庁は「こまめに水分補給するように」という熱中症対策を提示している。しかし、過度の水分補給には“落とし穴がある”と小川さんは注意を呼び掛けている。

「血液も含め、人間の体はおよそ70%が水分(体水分)。その1リットルあたりに4.2グラムほどの塩分が含まれており、発汗や排尿によって塩分を含んだ体水分が失われると喉が渇きます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.