ビューティ情報『長引く自粛生活で下半身が弱体化…“コロナひざ痛”を訴える人が増加中』

2022年5月16日 15:50

長引く自粛生活で下半身が弱体化…“コロナひざ痛”を訴える人が増加中

長引く自粛生活で下半身が弱体化…“コロナひざ痛”を訴える人が増加中


「久々に友達と会って、あちこち歩き回ったら、なんだかひざに痛みが出てきて……」

長い自粛生活が緩和され、外出が増えたことで、ひざの痛みや違和感を訴える人が急増している。この症状を“コロナひざ”と命名したのは、京都大学医学研究科の青山朋樹教授だ。

「自宅に閉じこもり、座った状態で長時間過ごしていた結果、ひざ関節の筋肉が固まり、可動域が狭くなっている人が増えています。また活動量が減ったことで、下半身の筋肉が衰えてしまっているので、いざ歩こうとするとひざへの負担が大きくなり、痛みや違和感を覚えるのです」(青山教授)

痛みのほかに、次のチェックリストにあるような症状もコロナひざに当てはまる。

【コロナひざチェックリスト】

□ ひざ周りが固まる感覚がある
□ ひざが今までと何かが違う感じがある
□ ひざがふわふわする感覚がある
□ 歩いたり動かすとひざから音がする
□ 立ち上がる際など、ひざに力が入りづらい
□ 階段の上り下りのとき脚が動きづらい
□ 脚に踏ん張りがきかない

※1つでも該当すれば「コロナひざ」の可能性が。

実際に、健康メーカーのオムロンヘルスケアが’21年に40~70代の男女1,055人にネット調査したところ、コロナ前と比べて外出の機会が減った人は7割を占め、また5人に1人が「ひざに違和感を持つようになった」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.