ビューティ情報『ストレス・不調をケアしたい…。「自宅でのセルフケア」約半数が実践』

2020年8月26日 14:00

ストレス・不調をケアしたい…。「自宅でのセルフケア」約半数が実践

ストレス・不調をケアしたい…。「自宅でのセルフケア」約半数が実践
マッサージチェアシリーズ「リアルプロ」など、自宅で使える健康家電を販売するパナソニック株式会社は、在宅時間の増加に伴う生活の変化に着目し、「自宅環境とセルフケア意識の変化」に関する調査を実施した。

昨今、新型コロナウイルスの影響を受けて、企業の在宅勤務の導入や外出控えなど、在宅時間は増加傾向にある。
この影響で、これまで感じられていなかった不調などが表面化すると同時に、自宅環境の見直しや整備への意識も高まっていることが感じられる結果となった。

ネガティブな影響をケアしたい… 約半数が「取り入れるようになった」自宅でのセルフケア
ストレス・不調をケアしたい…。「自宅でのセルフケア」約半数が実践
自宅時間の増加と休息時間の状況について質問したところ、24%と約4人に1人が「自宅時間は増えたが、休息時間は減った・減ったように感じる」と回答。
休息時間が満足に取れていないと感じる人が一定数いる実態は、自宅環境の充実のために投資したカテゴリとして「健康・ヘルスケア」が上位にあがった結果との関連性もあると考えられる。
ストレス・不調をケアしたい…。「自宅でのセルフケア」約半数が実践
新型コロナウイルス流行以前と比較した「自宅でのセルフケア」への関心と実践状況を聞くと、約6割が「自宅でできるセルフケアについて興味を持つようになった」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.