ビューティ情報『ヘレン・ケラー没後50周年!バイエル薬品が「見えることの大切さ」を伝える動画を公開』

2018年4月4日 14:15

ヘレン・ケラー没後50周年!バイエル薬品が「見えることの大切さ」を伝える動画を公開

ヘレン・ケラー没後50周年!バイエル薬品が「見えることの大切さ」を伝える動画を公開
バイエル薬品株式会社は、ヘレン・ケラーのエッセイを題材としたオリジナル動画「もし私の目が三日間だけ見えるとしたら」を2018年3月27日に公開した。
同日、動画発表イベントを都内で開催。イベント内のトークショーではプロフィギュアスケーター織田信成氏を始め、一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ代表理事の志村季世恵氏、眼科医であり医学博士の高橋政代氏の3名が登壇した。

「見える」ことの重要性について認識不足の現代人
ヘレン・ケラー没後50周年!バイエル薬品が「見えることの大切さ」を伝える動画を公開
バイエル薬品がこれまでに実施した意識調査(※)では、一般の人々が「目の健康に対する高い意識をもっている」にも関わらず、「目の健康を守る行動が十分に取られていない」という結果が明らかになっている。

そこで、目の健康への意識を保つことにより、目の健康を守る行動へとつなげてほしいとの考えから、オリジナル動画「もし私の目が三日間だけ見えるとしたら」が制作された。本動画には、「より多くの人に見えることの大切さを改めて実感してほしい」との思いが込められている。

「見たいものが見える」ことの素晴らしさ
ヘレン・ケラー没後50周年!バイエル薬品が「見えることの大切さ」を伝える動画を公開
動画「もし私の目が三日間だけ見えるとしたら」は、今年没後50周年を迎えたヘレン・ケラーのエッセイを題材としたオリジナル動画。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.