ビューティ情報『熱性けいれんって、本当に病院に行かなくていいの?』

2018年5月26日 05:58

熱性けいれんって、本当に病院に行かなくていいの?

熱性けいれんって、本当に病院に行かなくていいの?

ひきつけや意識障害などの発作を起こす、子どもの疾患「熱性けいれん」。38度以上の発熱をきっかけになるもので、直面したら気が動転してもおかしくないだろう。

その反面で「短時間で症状が収まり、その後に異常がない場合は受診をしなくてもよい」という情報を目にすることもある。本当に、受診しなくても大丈夫なのか、東京都立神経病院 神経小児科部長の福田光成先生に話を聞いた。

一般的に緊急性が低いケースがほとんどだが、特に初めてのけいれんのときは受診しよう

「熱性けいれんは乳幼児期の子どもによく見られる疾患で、そのほとんどが治療のいらない良性のものです。5分以内にけいれんの症状が治まり、発作が治まった後の子どもに異常が見られなかったら、ほとんどの場合は心配いりません。ただ、熱性けいれんにはまれに危険な疾患が潜んでいるケースがあるので、特に初めてのけいれんの場合は受診することをおすすめします」(福田先生以下同)

具体的に、熱性けいれんを起こすと、どのような症状が起きるのだろうか?

「けいれんとは、脳がコンピュータでいうショートしたようになり、体の筋肉が勝手に動いたり呼びかけに反応できなくなったりする状態です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.