ビューティ情報『生理前に肌荒れがひどくなる原因と改善方法』

2017年11月28日 11:41

生理前に肌荒れがひどくなる原因と改善方法

睡眠時間が確保できないときは、短くても睡眠の質を上げることを意識しましょう。寝る直前までスマホなどを見たり、明るい部屋ですごしたりしていると、寝つきが悪くなり眠りが浅くなります。就寝前はスマホの使用を避けて、部屋の明かりを少し暗くし、ゆったりと過ごしましょう。

スキンケアでしっかり保湿する
肌が乾燥して角質層の水分が減少すると、バリア機能が低下します。摩擦刺激やちり・ほこり、紫外線などの外部刺激をうけやすくなるため、肌荒れを起こしやすくなります。また、乾燥を補おうとして皮脂が過剰に分泌されたり、角質層が厚くなったりすることも。スキンケアでうるおいを肌にしっかり閉じ込めて、肌本来のバリア機能をキープしてあげることが大切です。保湿成分にはさまざまな種類がありますが、代表的なのがセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、グリセリンなどです。

生理前に肌荒れがひどくなる原因と改善方法


洗顔保湿成分が角質層に行き渡るように、まずは肌を清潔にすることが大切です。とはいえ、こするように洗ったり、時間をかけすぎたりするのはNG。肌のバリア機能がさらに低下してしまいます。洗顔料に少しずつ水を含ませながらよく泡立て、やさしくなでるように洗います。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.