子育て情報『母乳を飲んでいる子は虫歯になりやすい? 虫歯をラクに予防するには【ラクに楽しく♪特集】』

2019年6月3日 20:05

母乳を飲んでいる子は虫歯になりやすい? 虫歯をラクに予防するには【ラクに楽しく♪特集】

目次

・母乳は虫歯の原因になる?
・虫歯になりにくいお口の環境をつくろう
・効率的な歯みがきで時短テクニック
・歯医者さんにいって虫歯予防
虫歯予防のイメージ


赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本さんからメッセージです。

こんにちは。助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本です。

母乳をあげていると、虫歯になりやすいといわれていますが、本当でしょうか?
歯が生えてきても、安心して母乳育児が続けられるように、ラクに虫歯予防できる方法をお話しします。

母乳は虫歯の原因になる?

母乳相談の中に、お子さんに虫歯ができて、母乳のせいだからと歯科医に断乳をすすめられたというお話がありました。母乳が虫歯の原因なのでしょうか?

実は、母乳に含まれている乳糖からは、虫歯の原因となる酸は生成しないといわれています。

しかし、離乳食が始まり、食物の残りカスなどに母乳の乳糖が混じると、急に虫歯のリスクが上がってきます。母乳だけでは、0.01%だった虫歯のリスクが、食物の糖分(しょ糖)が加わると、1.3%になったという研究データがあります。特に睡眠中に、口腔内は虫歯になりやすい環境になるため、寝る前はしっかり食物のカスを残さないようにしてから授乳することが大切です。

虫歯になりにくいお口の環境をつくろう

・普段からの甘いものに気をつけよう 
市販のお菓子やジュースなどは、赤ちゃん用であっても砂糖の入っているものが多くあります。しかし、おやつ(間食)はお子さんの楽しみだったり、栄養の補足のためには必要なことも。市販のお菓子やジュースを与える場合は、砂糖不使用のものや、できるだけ糖分の少ないものを選ぶようにしましょう。

・歯に食べカスを残さないように
食事やおやつ(間食)の最後にお茶や白湯を飲んで洗い流すようにしましょう

・ずっと食べ続けない
口の中のPHは、食事が始まると食べ物に含まれるしょ糖によって酸性に傾き、虫歯になりやすい環境になります。そして、食事の時間の合間に修復されます。食事やおやつ(間食)は時間を決めてダラダラと食べないようにすることが大切です。

効率的な歯みがきで時短テクニック

寝ている時間は唾液の分泌が減るため、口腔内が虫歯になりやすい環境になってしまいます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.