子育て情報『持たないほうがいいの?! クレジットカードとのじょうずな付き合い方』

持たないほうがいいの?! クレジットカードとのじょうずな付き合い方

目次

・1.キャッシュレス(現金を使わない支払い方法)は今後ますます増加
・2.クレジットカードは後払いのため、使いすぎてしまう可能性も
・3.固定費や大きなお買い物はクレジットカード、娯楽や無駄遣いは現金
クレジットカードのイメージ


統計上、成人1人あたり平均2枚以上発行されているクレジットカードですが、アメリカの精神科医のデビット・クルーガー博士の研究によると、クレジットカードは現金よりも支出が平均23%増えるとのデータもあるようです。

カードをじょうずに使いこなすための方法や使うことが向いていない人など、クレジットカードの基本についてお伝えしてまいります。

1.キャッシュレス(現金を使わない支払い方法)は今後ますます増加

クレジットカードに限らず、デビットカード(口座から即時に引き落とされるカード)や電子マネーなど、現金を使わない支払い方法が広まりつつあります。

海外ではその傾向が強く、たとえばスウェーデンでは現金が使えないお店も多く、現金の使用率は1割を切り、インドでは2016年に高額紙幣の使用を禁止(日本に置き換えると1万円が使えない状態)したりと、多くの国がキャッシュレスに向かっています。

一方、日本ではキャッシュレスの手段が広まりつつあるものの、現金を使う機会は少なくありません。2020年の東京オリンピックを迎えるにあたって、海外からの旅行者が増えることを見込み、キャッシュレスの対応を進めているところです。

日本においては短期間で現金が使えなくなる状況は考えにくいのですが、キャッシュレス化が進まないことも考えにくいので、クレジットカードをはじめ、キャッシュレスに慣れていくことは必要と思われます。

2.クレジットカードは後払いのため、使いすぎてしまう可能性も

クレジットカードはその場で現金や残高が減るわけではないので、使いすぎてしまう傾向にあります。使う際にはこの特徴を覚えておくだけでも、少しは使い過ぎを防げると思います。

しかし、目に見えて現金や残高が減らないため、どのくらい使ったかわかりにくい点には変わりません。カードを使った際にメモや家計簿、アプリなどで記録をつけておくか、請求の明細で何にいくら使ったかを把握する必要があります。この振り返りができない人は使い過ぎてしまう可能性が高いので、クレジットカードの利用はあまりしないほうがいいでしょう。 

また、使った金額を把握していないこと以外に多重債務になってしまう可能性があるのが、リボルビング払い(リボ払い)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.