子育て情報『家族を食中毒から守る!夏の調理で気を付けるポイントまとめ』

2019年7月27日 20:05

家族を食中毒から守る!夏の調理で気を付けるポイントまとめ

目次

・食中毒の症状はどんな感じ?
・食中毒予防の3原則
・食中毒を起こさないために家でできること
・調理をするときに気を付けること
夏の調理と食中毒のイメージ


こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。高温多湿な季節になると、細菌からの食中毒が発生することがあります。食中毒は20~37℃ほどの温度を好み、繁殖するといわれています。

厚生労働省でも「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」ということで紹介されています。今日はその6つのポイントを基本にしながら、家で調理するときの注意点を話します。

食中毒の症状はどんな感じ?

食中毒になると多くの場合、数時間後に発症します。菌によっては1週間後に出るものもあるので、原因の食べ物を特定するのが難しい場合もあります。症状としては、腹痛、下痢、嘔吐、発熱などが起きます。症状が激しく現れた場合は、迷わず病院へ行きましょう。特に、大人よりも細菌に弱い赤ちゃんは、重症化することがあります。大人よりもずっと注意が必要だと思ってください。

私の父母は、夏の旅先で食中毒になり、そのまま旅先で入院するということがありました。お昼ご飯に食べた貝が「なんだか変?」と思ったけれど普段食べ慣れない貝なので「こんなものかな?」と思い、食べてしまいました。口にして「なんだか変?」と違和感を感じたら、食べないことも大切です。

食中毒予防の3原則

厚生労働省の「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」のベースとなっているのが、食中毒予防の3原則「つけない・増やさない・やっつける」です。

細菌を食べ物に「つけない」

食べ物についた細菌を「増やさない」

加熱して「やっつける」

この3つが大切です。「うちは気を付けているから大丈夫」と思わず、意外にも見落としている部分があるかもしれません。食べ物を購入するところから、調理をして食べる。そして、保存するまでの間に、どんな「つけない・増やさない・やっつける」をすればいいかを、次から具体的にみていきます。

食中毒を起こさないために家でできること

まずは、スーパーなどで食品購入する時から、気を付けることができます。ここでできるのは3原則の中の「つけない・増やさない」です。 

・消費期限などの表示をチェックする
・肉・魚はそれぞれ分けて包む
・保冷剤(氷)などと一緒に袋に入れる
・寄り道しないでまっすぐ帰る

特に夏は、スーパーから一歩外に出ると、灼熱の太陽が照っています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.