子育て情報『離乳食で赤ちゃんに「卵」を与えるときの注意点【医師監修】』

2019年9月30日 12:35

離乳食で赤ちゃんに「卵」を与えるときの注意点【医師監修】

目次

・離乳食を進める過程に卵アレルギー=卵白アレルギーは起こりやすい
・卵を開始するときは、20分ぐらい加熱しごはん粒1/10サイズから
・卵を開始するときは卵黄から
・卵アレルギーかも? と思ったら
・授乳中の母親が卵を食べることを控える必要はありません
・食物アレルギーを確実に予防できる方法はありません
・まとめ
たまごのイメージ


今回は、卵アレルギーについての説明と離乳食を進める過程で卵を与えるときの注意点についてお話しします。

離乳食を進める過程に卵アレルギー=卵白アレルギーは起こりやすい

人間の体には、体内の異物を追い出そうとする仕組みがあります。口から食べたものはこの仕組みが働きにくくなっていますが、特定の食品にはうまく働かないことがあります。これを食物アレルギーといいます。

原因となる食品を食べてすぐに湿疹やかゆみが現れるため即時型アレルギーとも呼ばれます。ときに重症のアナフィラキシーを起こすこともあります。乳幼児では、年齢とともに耐性が出てきますが、与え方や調理方法に工夫が必要です。

即時型アレルギー:
食物アレルギーの典型。原因食物の摂取後2時間以内にアレルギー反応による症状(湿疹や蕁麻疹、かゆみ、鼻水、くしゃみ、目の充血など)を示す。

アナフィラキシー:
原因食物の摂取後、数分~数時間以内にアレルギー反応による症状(全身に湿疹や蕁麻疹が出現、かゆみ、息苦しい、喘鳴、嘔吐、ときに意識レベルの低下)

離乳食を進める段階で、食物アレルギーを起こすことが多い食品は鶏卵です。卵黄と卵白ではタンパク質の種類が違い、卵白のタンパク質がアレルギーの原因であることが多いため、卵アレルギー=卵白アレルギーと考えます。

食物アレルギーだからといって離乳食を遅らせる必要はありません。かゆみなどの症状があれば、医師と相談し離乳食を進めます。

卵を開始するときは、20分ぐらい加熱しごはん粒1/10サイズから

卵アレルギーの原因となる卵のタンパク質は加熱することでアレルギー源としての働きは弱まります。卵黄は大丈夫でも、生卵や半熟卵、加熱時間の短い卵白ではアレルギー症状が出ることがあります。

卵を初めて食べさせるときは離乳食を開始して1カ月以上経過してから(およそ生後6~7カ月ごろから)、赤ちゃんの体調が良いときに新鮮な卵を20分間加熱して固ゆでした卵黄、もしくは炒り卵をごはん粒の10分の1程度にしましょう。 

初めて卵を食べさせるときや量を増やすときは、アレルギー症状が出てもすぐに受診できるように小児科が開院している時間帯(平日の昼間など)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.